FM長野
金曜日のお昼って、普段のお昼より何かワクワク感ありませんか?
きっと明日からの休日に向けていろいろ期待を感じる、そんな時間なのではないでしょうか。
こんな時間に長野県内の旬でレアな情報をお届けします。
時には真面目に、時には楽しく!

この番組では、信州発信の旬でレアな情報、そして心地よいお音楽をたっぷりご提供いたします。
どうぞ、くつろぎながらお聴きください。

Welcome! 2年目に突入です。

これからも金曜の午後にワクワクPlus!、プチリニューアルしたWELCOME!をどうぞよろしくお願いします。

☆信州Walker~はらぺこ編~

今週からリニューアル!!!お昼ごはんどうしようかなぁと悩んでいるあなたにお腹が鳴っちゃう話題をお届けします。

IMG_0548

長野市の≪ロ―ドフォックス≫さんから長野市安茂里小市にある【やばね食堂】さんが超おすすめという情報を頂きました。味とコストパフォーマンスが最高!お店は女性スタッフだけなので優しい味と心配りが感じられます。そして壁にズラズラっと張られた手書きのメニューもユーモラスですよと。

さっそくお店の方に伺いましたッ

お店は先代から続く昔ながらの食堂、ラーメン・定食・どんぶり物などのメニューがあります。自家製の無農薬野菜を使っています

人気ベスト3

第3位・・・しょうが焼き(750円)

ブタの肩ロースを使ったしょうが焼き定食。しょうがをピリリときかせて甘じょっぱく作っています

 第2位・・・半チャーハンとラーメンのBセット(700円)

昔ながらの醤油ラーメンとチャーハンのセット、半チャーハンといってもそれなりのボリュームあり!男性大満足

第1位・・・日替わりランチ (600円)

毎日工夫を凝らしてつくっています

【やばね食堂】場所・長野市安茂里小市、国道19号沿いでJR安茂里駅から西に向かって約3分です。

営業時間・10:30~15:00 毎週日曜日が定休日。

電話番号・026-227-5365

このコーナーではあなたからの情報をお待ちしています。あなたの街の隠れた名店食堂を紹介して下さい!メールフォームからエントリ-下さいネ、お待ちしていま~す

 

☆しあわせ信州ナビゲーション

 出演:県庁 日本酒・ワイン振興室 宮澤 勉さん

IMG_0541

今年度も長野県の情報をお伝えしていきます。今日はなんと本日4月1日付けでスタートした県の新しい組織『日本酒・ワイン振興室』の宮澤室長に信州の地酒の魅力などについてお話し伺いました。

長野県の日本酒の蔵元数は81蔵と全国第2位。そしてナガノ産ワインも昨年の日本ワインコンクール白ワイン部門で長野県産のワインが最高賞を獲得するなど最近人気が高まっています。県でも生産の支援として昨年4月長野市にオープンした(しあわせ信州 食品開発センター)で専門家を配置、発酵タンクなどを貸し出して商品開発の試作品づくりをサポートしてきました。またワイナリー開発を考える方にワイン生産アカデミーも開催(今年度の申し込みは4月7日です)そして、信州の地酒の内、味と品質が優れたものを県が認定する原産地呼称管理制度を平成14年にスタート。これまでに日本酒約2700品、ワイン約1000品を認定しています。認定酒にはエンジ色の刻印がマークされています。是非手に取ってお買い求めになってみては。

県でも『日本酒・ワイン振興室』がスタートし、これから信州の地酒の魅力を県内外に発信していきますが地元の私達も信州の地酒を気軽に楽しみたいものですよね。そこで提案!≪乾杯は信州の地酒で≫個性豊かな信州の地酒を信州人の私達が応援していきましょう☆

今週もたくさんのメッセージをありがとうございました、初メッセージや2周年を祝ってくれるメッセージにとても嬉しく思います。また来週お耳にかかりましょう☆ Chao!!!

 

 

 


UPDATE : 2016/04/05

☆信州Walker

 今週はR.N.ぽかにゃんサンが地元『南木曽町』を紹介してくれました。

南木曽町-2 妻籠宿 南木曽町-3 柿其渓谷 牛ヶ滝

長野県の南西部に位置する南木曽町は、中山道42番目の宿場、妻籠宿で有名ですよね。水温む季節になったらぜひ訪れて欲しいのが「柿其(かきぞれ)渓谷」

ある木曽路の渓谷の中でも特に美しいと言われ、どこまでの透明な水がとうとうと流れています。JR中央西線の十二兼駅から約4㎞、渓谷の入り口駐車場に車を止め、しばらく歩いてつり橋を渡ると柿其渓谷の始まりです。ここから約8㎞に渡って深い渓谷を埋めた巨大な花崗岩が美しい滝や瀬・淵が続き、春にはツツジ、秋には紅葉が来る人の目を楽しませてくれます、駐車場から10分ほど遊歩道を歩くと見えてくるのが牛ヶ滝。落差は25m、滝壺はかなり広く、エメラルドグリーンの水をまんまんと湛えていますよ。

南木曽町-1 天白公園ツツジ

春のツツジといえば、天白公園の高台には6種類約400株のミツバツツジが鮮やかなピンク色の花を咲かせています。4月9日~17日まで「なぎそミツバツツジ祭り」が行われ期間中茶店や地元農産物、ツツジの苗などの販売がおこなわれ賑わいますよ!近くには日本最大級の木製釣り橋「桃介橋」や「福沢桃介記念館・山の歴史館」などの見学施設もあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  南木曽町-5 福沢桃介記念館

南木曽町のおすすめ・お土産は『赤たつ漬け』町の特産・赤茎の里芋の茎を塩漬けにした漬け物でズイキ漬けとも呼ばれています。お好みの食べやすい大きさにきって生姜をのせてたべるのですが、シャキシャキとした歯触りで一度食べたらやみつきになりますヨ

リスナーレポーターさんが続々登場下さったこのコーナーですが、来週からフルモデルチェンジします!阿部知事をはじめ、ご出演頂いた52名のレポーターの皆様どうもありがとうございました!!!

 

☆しあわせ信州ナビゲーション

IMG_0478

出演:県庁 広報県民課 高松良枝 さん(1年間このコーナーを担当してくれた高松さん、今週で卒業です。いつもスタジオの横で見守っていましたが今日は自ら出演してくれました。ありがとうございました!)

県の取り組みを様々なテーマでお届けしてきたこのコーナー。これまでたくさんの県の職員さん、企業や団体の皆さんなどたくさんご出演いただきました。そのコーナーのゲスト選びからシナリオ作りまでを1年間担当してきた高松さんに今日はお話しを伺いました。振り返るとどのテーマも興味深く、これまで県政の取り組みは堅いイメージがありましたが前より身近に感じるようになりました。

私が印象に残っているテーマ・・・「8月21日放送のNAGANO農業女子について」放送後、北信や南信地域では農業女子のグループが新たに立ち上がり、仲間づくりの輪が広がっています。

「12月4日放送の健やかな妊娠・出産の支援について」このコーナーで紹介した県民セミナーには約470名が参加下さいました、詳しくは県の保護・疾病対策課のホームページに掲載しています。また、県では体外受精など特定不妊治療への治療費の助成をしていますが、今年1月から治療費助成が拡充されています。詳しくはお近くの保健福祉事務所にお問い合わせください。

 そして、今回は広報県民課の仕事についても伺いました。大きく分けて2つの担当があるそうで、1つは県民のみなさんのご意見を広くお聞きする≪広聴≫県の取り組みについてのご意見などをホームページやメール、郵送、FAXお受けし、寄せられた意見は回答が必要なものは原則1週間以内に答えているそうです。もう一つは県政の情報を発信する≪広報≫このコーナーをはじめ、ラジオやテレビ、ホームページ、広報誌などの媒体で県の取り組みをお伝えしています。また、県公式ツイッターも運用していますのでチェックしてみてはいかがですか?

来年度もホッとな話題をお届けしていきます。感想やご意見も募集していますので是非お寄せ下さいね。

 

☆金曜きもの日和

ご出演:前むすびきもの学院 株式会社たちばな 専務取締役 松本よね子さん

IMG_0482  IMG_0485

 IMG_0487  IMG_0488

毎月最終金曜日に月一レギュラーとして出演してくれるよね子先生。 今月の装いは淡いベージュに柔らかいイラストのような唐草模様があしらわれた着物と、それを引き締める黒の帯。スタジオに入った途端春の柔らかな風を感じました!(写真下段右はコート。雨や雪の時はもちろん、お出かけにも重宝しているそうです)

 さて、3月のお話しは春という事でこれから増えてくる結婚式のお迎えする≪ご兄弟・親族≫が着る第一礼装・黒留袖についてお話し伺いました。色々なスタイルのパーティがあるので装いの場も広がっていますが、新郎・新婦のお母様やおばあちゃまは黒留袖姿が主。お迎えする側ですので長時間着用するので、きものの着くずれや苦しさなども気になりますよね。一番の着付けのポイントは≪みぞおち≫だそうです。

さて、着物をもっと気軽に楽しむためには自分で着付けられるようになりたいものですよね。前むすびきもの学院では着くずれや苦しくなく着付けが出来るようにとの思いで着付けを学べます。お近くの教室に足を運んでみてはいかがですか?始めてみたいけど・・・という方には春のデモンストレーションとしてよね子先生が各教室で前むすびの実演を行っていますのでお出かけになってみてはいかがでしょう?

来週は・・イオン飯田アップルロード店

4月2日(土)10:30~、14:30~ (2回)

詳しくは電話でお問い合わせくださいね 026-238-0592

このコーナーは残念ながら今回で最終回です。よね子先生はラジオを通してご縁も深まったと話してくれました。私もきものの素晴らしさに触れる事が出来ました。これまで出演頂いた皆様ありがとうございました!

今週もたくさんのメッセージありがとうございました。来週からWelcome! 2ndシーズンに入ります。コーナーもブラッシュアップしてお届けしていきますのでどうぞよろしくお願いします

来週お耳にかかりましょう Chao!!

 

 

 

 


UPDATE : 2016/03/29

☆信州Walker

今週はR.N.てぃだまーるのママさんが地元、南信・富士見町を紹介してくれました。

山梨県との県境に位置する富士見町は標高が900~1400mの自然豊かな高原の町。町の名前の通り、富士山が見える絶景スポットからご紹介!!

富士見町-3 立沢からの富士山 富士見町-4 立沢から八ヶ岳

 ○創造の森彫刻公園・・・標高1420mの大自然の中に50体の彫刻を設置・展示している野外美術館。望郷の丘展望台は目の前に180度の大パノラマが広がり、富士山、南アルプス、北アルプスの日本の高い山ベスト3を見る事が出来ます。

○立沢の水田地・・・八ヶ岳の裾野の解放感いっぱいのロケーションに富士山も大きく見え、西側には、南アルプスから入笠山を望むことが出来ます。

○葛窪中央道トンネル付近・・・トンネルの上にある眺望台から見る富士山は、日の出もイイですし、日が暮れた時の夕日に染まる姿と中央道の夜景は感動ものです

富士見町にはまだまだ沢山のビューポイントがあるので、ロードマップを参考にお気に入りの場所を探して見て下さいね。

富士見町-5 パノラマ

また、美味しい魅力もたくさんありますよ!新鮮な高原野菜に、ジャムやケーキにして美味しい真っ赤なルバーブは町の特産品としてお馴染みですが、今注目の≪食用ほおずき≫はおススメです。「食用ほおずき」はヨーロッパから渡ってきたフルーツとして栽培されています。高冷地ならではの寒暖差が、酸味と甘みのバランスがとれた、美味しいほおずきを育ててくれます。ビタミンや鉄分が豊富なので、美容に気を使う女子にもお勧めです。収穫期は8月末頃からで、今はアイスクリームやジャムなどの加工品で味わう事が出来ます。

富士見町のお野菜や特産品は町の中心市街地にあるスーパーや信州蔦木宿道の駅などで買えますよ。

富士見町-1 ほおずき 富士見町-2 ほおずき畑

あなたもリスナーレポーターになって地元・故郷をあなたの声でPRしませんか?メールフォームからのエントリーお待ちしています!!

 

☆しあわせ信州ナビゲーション

出演:県庁 障がい者支援課 増田理子さん

IMG_0298

写真は2人で≪ありがとう≫の手話を。私が≪ありが≫増田さんが≪とう≫です

今週は≪手話≫についての理解を広める県の取り組みについてお話しを伺いました。手話は手や指の動き、顔の表情などで自分の意志や考えを目に見える形で表現する言語で、主に聴覚に障がいがある方が使っています。長野県には身体障がい者手帳を所持している聴覚障がい者は昨年度末時点で7584名ですが手帳をお持ちでないかたもいらっしゃいます。聴覚障がい者の中には、中途や加齢で難聴になった方もいて筆談や要約筆記でコミュニケーションをとっています。一方、手話を使って生活する方は自身の事を「ろう者」と呼び、「ろう文化」という独自の文化を築いています。そんな手話についてもっと理解を深める為に、県では平成25年から≪信州あいサポート運動≫に取り組んでいます。また、県では今月≪長野県手話言語条例≫を制定しました。手話に親しんでいただくきっかけや、ろう者との交流の場(プロスポーツ団体の試合を手話で応援しようという企画や、信州山の日に、ろう者とろう者でない方が手話で交流をしながら山登りをおこない、手話や信州の山に親しみを覚えてもらうイベント等)も予定しています。

県では、28年度から手話に関する講座を充実。夏ごろには挨拶や自己紹介の仕方を楽しく学べる手話講座を県内10地域で開催する予定です。県障がい者支援課のホームページに掲載していきますのでチェック下さい。

 

☆金曜きもの日和

電話出演: 山ノ内町湯田中温泉・≪和風の宿ますや≫女将・宮崎 美恵子さん

女将

≪和風の宿ますや≫は山ノ内町湯田中温泉にある開業140年の4つの源泉から引湯をしている100%天然温泉かけ流しの和風旅館です。

女将にとって着物姿はユニフォーム。そう話す女将は前々からお茶やお花を習っていたそう。またお母様が着物が好きで子供の頃から目にしていた事もあって着物が大好きになったそうです。また、嫁いでからは着物は自分で着られるようにとたちばなの着付け教室に通って覚えられました。現在は数えきれないほど着物をお持ちだそうですが、着物は流行がなく、サイズを直したりリデザイン出来るので仕立て直して着られなくなるまで着用しているそうです。そんな女将の着物姿はお客様とのコミュニケーションのきっかけになるそうで、このお着物は?素敵ですねなどと会話が弾むそうです。以前は着なくなった着物ありますか?と声をかけられ着物を渡したら後日バッグなど小物に作り変えてプレゼントしてくれたお客様もいらっしゃったそうです。

また、女将はおもてなしとして、館内にご自身で作った押し花や生け花を飾っています。また、希望の方には押し花遊びも体験できるとの事。是非和の世界に浸って、心身ともにくつろいでいただきたいと話してくれました。

 

今週もたくさんのメッセージありがとうございました。

また来週お耳にかかりましょう Chao!!

 


UPDATE : 2016/03/22

☆信州Walker

R.N.あこさんが南信・伊那市を紹介してくれました。 2006年に高遠町と長谷村が合併した伊那市は2016年雑誌≪住みたい田舎≫の甲信越地域の1位・子育て世代にぴったりの田舎では2年連続1位に選ばれています!

伊那市-7   伊那市-2

○山寺のやきもち踊り・・・山寺地区の白山神社では、毎年4月江戸中期から伝わる「やきもち踊り」が奉納されます。その昔、お伊勢参りに行った人たちが習ってきて、お宮のお祭りに奉納するようになったといわれるユーモラスな伝統行事です。社殿での神事に続き、境内に羽織、袴姿の保存会の男衆が車座になり、間に酒宴をはさみながらやきもち踊りの歌と共に、足を高く上げる独特な踊りを3回。最後の踊りが終わったと同時に、ほろよいの男衆は下駄も履かずに、一目散に鳥居から逃げ出します。逃げ遅れた人は厄をもらうと言い伝えられているので真剣!このユーモラスな伝統行事はどなたでも見学する事ができますよ、今年は4月17日(日)に行われます。

伊那市-1 伊那市-3

○産直市場グリーンファーム・・・一万点以上、直売する農家は1500軒以上。そしてなんと、動物ひろばもあり、猿・熊・ヤギ・ブタ・ポニーなどの動物も飼われているので、親子連れも多いユニーク度満点の直売所です。

○やってみらっし・・・4月1日オープンの体験交流の家「やってみらっし」時間コース別に草木染、そば打ち、五平餅、おやき作りなども体験出来ます。敷地内にはレストラン、ドッグラン、ダチョウ牧場、日帰り温泉、宿泊施設もあり家族で楽しめますよ!

伊那市-4    伊那市-5

リスナーレポーターになりませんか?あなたの地元・故郷をあなたの声でPRして下さい!メールフォームからエントリ-下さい、お待ちしていますっ

 

☆しあわせ信州ナビゲーション

県庁・危機管理防災課 玉野井 博さん

IMG_0280

5年前の今日、3月11日に東日本大震災が発生。翌12日には栄村で県北部地震が起きました。あの日の教訓を忘れないためにも、自身災害から身を守るため・地震災害への備えについてお話しを伺いました。国の調査によると、長野県北部あら山梨県の南部にかけて延びる≪糸魚川ー静岡構造線断層帯≫など大きな地震を発生させる恐れがある活断層が県内でいくつか発見されています。また、東海地震や南海トラフ巨大地震が起きた場合、南信地域で被害が出る可能性が報告されています。

いつ起きてもおかしくない地震から身を守るために出来る事・・『部屋の家具の固定』金具などで家具を壁や天井に固定、家具が倒れても下敷きにならない位置で寝るようにするなど家具のレイアウトを見直してみましょう。

 『非常食などの備蓄』・・飲料水や食料については最低でも3日、7日分を用意しましょう。着替えの衣類や常備薬・衣料品などをリュックサックなどにまとめ、すぐに持ち出せるようにしておきましょう。

災害時に情報を得るツールを確保しておく・・ラジオや県のホームページ、防災情報専用のツイッターなど。

また、災害が起きた時にご近所同士で助け合う(共助)も注目されています。普段から近所の方と顔の見えるおつきあいをする事や地域で防災について考える事も大切ですよね。そこで県では、地域防災について考えるきっかけづくりの1つとして、出前講座を開催しています。県の職員が伺い、防災について解説したり、ゲーム形式で体験してもらっています。その一つ、「災害クロスロード」を紹介してくれました。災害が起きた時、どう判断するかをシミュレーションするのですが、答えを探すのではなく、自分の考えや価値観が違う人の話を聞くことで視野を広げたり、想像力を働かせる事が目的です。 地域のみなさんやサークルの方と一緒にみんなで考える時間をつくってみませんか?詳しくは県庁・危機管理防災課までお問い合わせください

 

☆金曜きもの日和

電話出演:長野市・(有)ピーシーサービス長野 専務取締役 宮澤 寿美枝さん

長野市と松本市で排水洗浄建物維持管理。建物の排水管を綺麗に洗浄するお仕事をされている宮澤さん。着物を好きになったのは嫁入りの時に父の友人の染士をしている方に作って頂いた留袖(孔雀の柄で羽は刺繍を施している)が素晴らしくそれ以来、好きになったのだそうです。淡い色合いの着物、また着物と帯、小物使いで遊ぶのが楽しいと話してくれました。 今では娘さんも着物好きが受け継がれ、結婚式や行事に一緒に着たり、着物の話しで盛り上がるんですって。親子で素敵ですね!

お出かけすると、どんなドレスや洋服よりも目を引き、周りの方からも素敵ねと声をかけられるのが嬉しいそうで、最近は旅先でも着物を持っていき着るそうです。外国に行った際は、現地の方からも注目を浴びカメラを向けられたり、県内でも以前きもの仲間と善光寺の御開帳に出かけた時、外国人の観光客が一斉にカメラを向けて撮影されたのには驚いたそうですが日本人として着るだけでおもてなしの気持ちを表せる着物にもっともっと興味を持ってもらいたいなという宮澤さんでした。お仕事も排水管を綺麗にする仕事をしていますが、ご自身も着物でさらに美しく♡ これからも着物ライフを楽しんでくださいネ

 

今週もたくさんのメッセージありがとうございました

また来週お耳にかかりましょう Chao!!

 


UPDATE : 2016/03/14

☆信州Walker

R.N.すみれの母さんが地元、東信・南佐久郡小海町を紹介してくれました。

北八ヶ岳と奥秩父の間、東西に広がるのどかな町。小海町の観光スポット松原湖は、冬のワカサギ釣りが有名ですが、これから春の季節は湖畔に咲くたくさんの桜の花をめでながらの遊歩道散策は素敵ですよ!そして、ここは知る人は知るヘラブナ釣りのスポットで、夏は大勢の愛好家で賑わいます。また、御柱イヤーの今年。ここ小海町でも松原の諏訪神社を中心に、5月の7日8日に里曳きと立て御柱が行われます。

さぁ、次は小海町の美味しいもの。夏の高原野菜をはじめ、遊休農地を使って青大豆の一種である鞍掛豆やニンニク栽培にも力を入れています。地元のお豆腐屋さんで作る鞍掛豆豆豆腐は薄黒緑で珍しい色に驚くかもしれませんが、食べると鞍掛豆独特の風味が口いっぱいに広がり、何もかけずに食べても美味しいですし、塩で食べるのもおススメです!ゆうきちゃん倶楽部で作る鞍掛豆の玄米麹味噌もイチ押しです。そして、もっとパワーをつけたい貴方には、『にんにく味噌』と『ラー油にんにく』をおススメ、R.N.すみれの母さんのおススメはにんにく味噌。焼肉とご飯、そしてにんにく味噌も一緒にリーフレタスでくるんで食べるのが家族に好評なんですって☆ これらの商品は、町のスーパーや農産物加工直売所や町営温泉施設(八峰の湯)などで買う事が出来ますよ!

松原湖や白駒の池、八ヶ岳など、アウトドアも充実の小海町やぜひお出かけください!!

さぁ、あなたも地元・故郷をPRしませんか?Welcome!のHPにあるメールフォームからエントリーして下さいネ

 

☆しあわせ信州ナビゲーション

出演:県庁 次世代サポート課 田中亮介さん

自然保育を実践する幼稚園にお子さんを預けている 保護者 神崎辰哉さん

 IMG_0234

今、全国的に注目されている『自然保育』屋外での遊びや運動で知力と体力を高める新しいスタイルの保育や幼児教育で、自然の中でのさまざまな経験が子供たちの感性や自己肯定感を豊かにはぐくむことを目指しています。県ではこの自然保育の認定制度、愛称≪信州やまほいく≫がスタートしました。県が設けた安全や活動内容の基準を満たす保育園や幼稚園が認定を受け、一日のほとんどの時間を自然の中で過ごすタイプと通常のプログラムに自然体験を積極的に取り入れるタイプがあります。

今回は、保護者の方の声として長野市の(こどもの森幼稚園)にお子様を通わせている神崎さんから話を伺いました。以前から興味があり見学をして入園を決めたそうですが、通ってもうすぐ1年毎日自然の中でよく遊び、体もたくましくなったそうです。またおもちゃがなくても自分で面白いものをみつけて楽しんだり、自分より小さい子の世話をすることが自然に身についたり日々成長を感じているそうですよ

どんな保育園、幼稚園が認定を受けているのかなどは、是非≪信州やまほいく≫のサイトをご覧になってくださいね。サイトには詳しい情報、保護者の方のインタビュー、そして、体験入園や各施設でのイベント情報などの情報もチェックできます!また自然保育のフェイスブックも立ち上げていますのでこちらもご利用下さい!

私も、2歳の息子の母として保育園・幼稚園入園について考えているのですが自然保育にはすごく興味があるので、いろいろ調べて息子にあった場所を探したいなと思っています

 

☆金曜きもの日和

電話出演: 松本市 snack やわらかい オーナーママ 石田みゆき さん

石田みゆき

お店ではみゆきママと言われているという事で、私もみゆきママと呼ばせて頂きました。それにしても店名がユニークですよね、お店の名前を考える時に固有名詞ではなく、形容詞が良いなという事で≪やわらかい≫と名付けたそうです。 みゆきママは、毎日着物でお店に出ているそうですよ。もともと着物には憧れがあったものの、高価で手に届かないなと思っていたそうですが友人のスナックのママに誘われて着物の展示会?!に出かけて結構お手頃で購入できたのがきっかけで着物が好きになったそうです。お気に入りの着物は小紋や訪問着で、淡い色が若く上品に見えるのでお気に入りだとか。これからも楽しいトークと着物姿でお客さんを和らげて下さいネ

さぁ、あなたもきものに関するご意見や質問を番組に送ってみませんか?最終週に出演される≪前むすびきもの学院≫のよね子先生が答えてくれますよ!番組HPのメッセージフォームから送ってください。お待ちしています。

 

今週もたくさんのメッセージありがとうございました

また来週お耳にかかりましょうっ  Chao☆


UPDATE : 2016/03/06