FM長野

今日のレポートは、木曽郡 大桑村からお届け!
 
 DSC_0063 
 
大桑村は本当に山が近い!
すぐそばに山があって、山と村が一緒に暮らしているかのような風景が広がります。
まさに「木曽路はすべて山の中である」ですね。
 
そんな大桑村にある「木挽の里」(こびきのさと)から今日はレポートしました!
コチラでは、「からすみ」という和菓子が作られているんです!
からすみ…というと、おつまみの「カラスミ」を思い出す方もいらっしゃるかと思いますが…
全く違うものなので、ご注意を!笑
 
DSC_0069 (1)
 
米粉と砂糖を練って蒸した、とってもシンプルなお菓子。
シンプルだからこそ…素朴でどこか懐かしい…、優しい味がしました。
毎年、月遅れの雛祭りにあわせて作られるこのお菓子は、
今、生産が最盛期を迎えています。
 
さらに、ココのからすみは種類もたくさん!
黒砂糖を加えたこげ茶色のからすみや、
地元の方が山から採ってきたヨモギを入れた緑色のからすみ。
さらに、さくら色で、桜の花漬けを載せた春らしいからすみも!
どれを食べても、美味しい~! 
ついつい、全部いただいてしまいました!笑
 
20180316-857571476
 
このからすみは、予約注文も受けているそうで、
県内外から注文が来ているんだとか!
注文は、電話かFAXでお願いします。
電話は、0264-55-2900
FAXは、0264-55-4005
お値段は、からすみ1本で400円です。
アナタも、素朴で優しい味のからすみで、春を感じてみませんか?
 
それでは、「今週のOne-shot!」
 
20180316-960671148
 
出来立てもちもちのからすみを食べてこの笑顔~!
お店の方によりますと…
出来立てよりも、3日くらい経った後のほうが、
米粉の味がしっかりと出て、さらに美味しいとか…!
和菓子なのに、1週間くらいもつのも魅力です!


UPDATE : 2018/03/16