FM長野

今日は…北安曇郡池田町、大峰高原にある「七色大カエデ」の前からお届けしました!
今がちょうど見ごろでした…!!
  
IMG_1948
 
こんなにカエデの木を見て感動したのは、初めて…!
大きさは…高さ11m、枝先までの直径15m、根周り3.25m!
樹齢は…推定250年!
このカエデの木は大きすぎて…
一つの木の中でも緑の葉、黄色の葉、オレンジの葉、赤い葉などなど…
色んな色をつけて紅葉していくので「七色大カエデ」というんですね。
 
 IMG_1958
 
何故この場所にこの七色大カエデがあるのかというと…。
終戦直後の昭和22年、大峰高原を開拓して畑にしようとした開拓団が、
この一帯の木を根っこまで伐採していきました。
しかし、この木だけは大きく成長していたので根まで掘り起こすことが出来ず、
切り株の状態にして、中央に残したそうです。
  
その後…昭和43年に「大峰牧場」が出来て道が作られたときに、
切り株からみごと再生し、立派な大樹に成長したカエデが発見されました。
それが、現在の「七色大カエデ」なんです。
 
一度、切り株になった木が、時を経て立派な大樹に復活!
まさに、奇跡の大樹ですね。
 
それでは、「今週のOne-shot!」
 
20171020289953694
 
今日ご出演してくださった、池田町観光協会の片瀬さんと一緒にパシャ!
この木を守るために様々な活動をしている方の一人です。
たくさんの方に愛されている七色大カエデ…。
これからも大切にしていきたいですね。 


UPDATE : 2017/10/20