FM長野

☆しあわせ信州ナビゲーション

出演:長野県調理師会 会長 湯本 忠仁さん(長野市吉田・日本料理『ゆ庵』代表)

県 農産物マーケティング室 小林 恭介さん

IMG_8377

 今日は料理のプロをゲストにお招きして、信州の食材と夏の疲れを乗り切るためのレシピを伺いました。

湯本先生が、教えてくれたのは身体に優しい夏野菜のスープ。夏は冷たいモノを食べたり飲んだりして、胃や腸が弱っている時期でもあります。食事で体を休めてあげるのも大切ですね

IMG_8374

~身体に優しい夏野菜のスープ~

 材料。 トマト、ズッキーニ、オクラ、じゃがいも、人参、など旬の夏野菜。生姜、みょうが、ニンニク。

厚揚げか木綿豆腐があれば入れてもOK

作り方。 鍋に用意した水に、一口大や好みの大きさに切った野菜を固い野菜から入れてコトコト煮ます。しばらくして千切りのミョウガと厚揚げか木綿豆腐を入れます。最後に湯むきしたトマトを加えて塩・コショウで味付けしましょう

すごくシンプルですが、それぞれの食材の滋味がお出汁のように味を加えてくれるので十分飲みごたえのあるスープに仕上がると思います。

スタジオにご用意くださったスープを試食させて頂きました。これ本当にだし汁つかってないんですか?と思わず訪ねたほど、野菜の旨味がきいているスープでした。生姜とにんにくで体の中からじんわり温まります。夏なので、スープはあまり熱すぎない温度、体温くらいの温度で召し上がっていただくと良いそうです。

また、家庭の鍋で簡単にできますが、冬に鍋で使用する土鍋でコトコト煮るとより味に深みが増すそうです。お試しくださいね。

先生の作ってくれたスープは、思わずふぅと幸せが漏れるほどの深くて優しい味でした。この香りとダシを持ち歩きたいと思ったほどです。私もこのレシピを自分なりにマスターして、夏の疲れた身体を優しくあたためるスープを上手に作りたいと思いました。

県では、信州の食材を使ったレシピを募集しています。『地産地消キャンペーン推進委員会』が10周年を迎えた事から、記念事業として県産食材をつかったレシピを来年1月まで毎月募集しています。応募の中から、優秀なレシピを毎月表彰して、5000円の商品をプレゼントしますので、是非自慢のレシピで応募して下さいね

詳しくは、『地産地消キャンペーン長野』で検索下さいネ

 

今週もたくさんのメッセージありがとうございました。また来週もお耳にかかりましょう。Chao!!!

 


UPDATE : 2017/08/27