FM長野

☆信州Walker

R.N.あこさんが南信・伊那市を紹介してくれました。 2006年に高遠町と長谷村が合併した伊那市は2016年雑誌≪住みたい田舎≫の甲信越地域の1位・子育て世代にぴったりの田舎では2年連続1位に選ばれています!

伊那市-7   伊那市-2

○山寺のやきもち踊り・・・山寺地区の白山神社では、毎年4月江戸中期から伝わる「やきもち踊り」が奉納されます。その昔、お伊勢参りに行った人たちが習ってきて、お宮のお祭りに奉納するようになったといわれるユーモラスな伝統行事です。社殿での神事に続き、境内に羽織、袴姿の保存会の男衆が車座になり、間に酒宴をはさみながらやきもち踊りの歌と共に、足を高く上げる独特な踊りを3回。最後の踊りが終わったと同時に、ほろよいの男衆は下駄も履かずに、一目散に鳥居から逃げ出します。逃げ遅れた人は厄をもらうと言い伝えられているので真剣!このユーモラスな伝統行事はどなたでも見学する事ができますよ、今年は4月17日(日)に行われます。

伊那市-1 伊那市-3

○産直市場グリーンファーム・・・一万点以上、直売する農家は1500軒以上。そしてなんと、動物ひろばもあり、猿・熊・ヤギ・ブタ・ポニーなどの動物も飼われているので、親子連れも多いユニーク度満点の直売所です。

○やってみらっし・・・4月1日オープンの体験交流の家「やってみらっし」時間コース別に草木染、そば打ち、五平餅、おやき作りなども体験出来ます。敷地内にはレストラン、ドッグラン、ダチョウ牧場、日帰り温泉、宿泊施設もあり家族で楽しめますよ!

伊那市-4    伊那市-5

リスナーレポーターになりませんか?あなたの地元・故郷をあなたの声でPRして下さい!メールフォームからエントリ-下さい、お待ちしていますっ

 

☆しあわせ信州ナビゲーション

県庁・危機管理防災課 玉野井 博さん

IMG_0280

5年前の今日、3月11日に東日本大震災が発生。翌12日には栄村で県北部地震が起きました。あの日の教訓を忘れないためにも、自身災害から身を守るため・地震災害への備えについてお話しを伺いました。国の調査によると、長野県北部あら山梨県の南部にかけて延びる≪糸魚川ー静岡構造線断層帯≫など大きな地震を発生させる恐れがある活断層が県内でいくつか発見されています。また、東海地震や南海トラフ巨大地震が起きた場合、南信地域で被害が出る可能性が報告されています。

いつ起きてもおかしくない地震から身を守るために出来る事・・『部屋の家具の固定』金具などで家具を壁や天井に固定、家具が倒れても下敷きにならない位置で寝るようにするなど家具のレイアウトを見直してみましょう。

 『非常食などの備蓄』・・飲料水や食料については最低でも3日、7日分を用意しましょう。着替えの衣類や常備薬・衣料品などをリュックサックなどにまとめ、すぐに持ち出せるようにしておきましょう。

災害時に情報を得るツールを確保しておく・・ラジオや県のホームページ、防災情報専用のツイッターなど。

また、災害が起きた時にご近所同士で助け合う(共助)も注目されています。普段から近所の方と顔の見えるおつきあいをする事や地域で防災について考える事も大切ですよね。そこで県では、地域防災について考えるきっかけづくりの1つとして、出前講座を開催しています。県の職員が伺い、防災について解説したり、ゲーム形式で体験してもらっています。その一つ、「災害クロスロード」を紹介してくれました。災害が起きた時、どう判断するかをシミュレーションするのですが、答えを探すのではなく、自分の考えや価値観が違う人の話を聞くことで視野を広げたり、想像力を働かせる事が目的です。 地域のみなさんやサークルの方と一緒にみんなで考える時間をつくってみませんか?詳しくは県庁・危機管理防災課までお問い合わせください

 

☆金曜きもの日和

電話出演:長野市・(有)ピーシーサービス長野 専務取締役 宮澤 寿美枝さん

長野市と松本市で排水洗浄建物維持管理。建物の排水管を綺麗に洗浄するお仕事をされている宮澤さん。着物を好きになったのは嫁入りの時に父の友人の染士をしている方に作って頂いた留袖(孔雀の柄で羽は刺繍を施している)が素晴らしくそれ以来、好きになったのだそうです。淡い色合いの着物、また着物と帯、小物使いで遊ぶのが楽しいと話してくれました。 今では娘さんも着物好きが受け継がれ、結婚式や行事に一緒に着たり、着物の話しで盛り上がるんですって。親子で素敵ですね!

お出かけすると、どんなドレスや洋服よりも目を引き、周りの方からも素敵ねと声をかけられるのが嬉しいそうで、最近は旅先でも着物を持っていき着るそうです。外国に行った際は、現地の方からも注目を浴びカメラを向けられたり、県内でも以前きもの仲間と善光寺の御開帳に出かけた時、外国人の観光客が一斉にカメラを向けて撮影されたのには驚いたそうですが日本人として着るだけでおもてなしの気持ちを表せる着物にもっともっと興味を持ってもらいたいなという宮澤さんでした。お仕事も排水管を綺麗にする仕事をしていますが、ご自身も着物でさらに美しく♡ これからも着物ライフを楽しんでくださいネ

 

今週もたくさんのメッセージありがとうございました

また来週お耳にかかりましょう Chao!!

 


UPDATE : 2016/03/14