FM長野

私達ヤマワリビングでは、今まで自然素材をつかった家造りということで素材や工法の
お話などをしてきました。今回はそんな自然素材のお家の良さをもっと引き出すプラン
ニングについてお話したいと思います。

プランニングとはお家の間取りを決める作業です。ヤマワリビングではすべて注文住宅、
といってお客様ひとりひとりにあったお家を一軒一軒設計しています。そんな中で、今
回はプランニングするときに大切にしていることについていくつかお話したいと思います。

まず、いつもプランニングのコンセプトにしているのが
「そんなに大きな家はいらない。小さな家でもゆったり暮らす」ということ。これは「空間
利用」
の設計で実現するんです。

空間利用と聞いていくつか思い浮かぶこともあるかと思います。

まず、普通は見えなくなってしまう小屋裏の部分の利用や、階段下の空間の利用です。
小屋裏の空間は、天井の高さが1m40cm以下でしたら家の階数に含まれないんです。
ですのでこういった小屋裏空間を利用して収納部屋を作ります。これは1階の屋根もお
なじことです。ロフトや、吹き抜けを造って、縦方向の広がりをつくりおなじ床面積でもひ
ろびろとした空間を演出することが出来ます。

もうひとつ大切にしていることは、空間利用にも関係してくることですが、プランニングの
中で造りつけ家具を提案することです。

勿論長く住むお家ですのでライフスタイルの変化と共に家具を固定してしまうとかえっ
て不便に感じてしまうこともあるので作り過ぎないことと、利用目的に応じて変化可能な
可動式の棚などの対応が必要になります。そのあたりもお客さんとよく話し合ってご提
案しています。

あたりまえですが既製品の売っている家具は寸法が決まってしまいますが、造りつけ
家具にすると大工さんや建具屋さんが手作りしますのでミリ単位で好きな寸法を指定
することができます。空間利用の観点からいっても空間を無駄にしないのでとてもい
いんです。

また、造りつけ家具の木の材種を床の材種やドアなど建具の材種と併せてトータルコ
ーディネートもできますし、家全体に一体感を持たせてそれでも空間を広くみせるこ
とが出来ます。

最近どんな造りつけ家具を作ったかといいますと、例えばダイニングテーブルの作りつ
けをご提案したり、書斎の本棚や机、寝室のベットのサイドに壁の厚みを利用した本
棚をつけたりと、お客様のご要望にあわせてご提案しています。

家具を作りつけることで隙間無く配置することが出来、先ほどお話したコンパクトな
家を設計することにもつながります。

 コンパクトなお家を設計することで他にもいい事がいっぱいあります。

勿論建築費用を抑えることが出来ます。それに伴って税金も安くなります。ランニング
コストや後々のメンテナンス費用を抑えるメリットもあります。

また敷地にも余裕が出来るので、外に駐車スペースやお庭などの造園、好きな人は
家庭菜園などと楽しめるかもしれません。

空間利用のプランニングをするには、空間が想像でき、木造建築の軸組みに精通し
ている建築士に出会えることが大切です。

オンリーワンの注文住宅を造ることは、お客様にとっても考えたり時間をつかい簡単
なことではありません。ですが一生に何度もないお家造りです。是非ガンバっていた
だいて、誰の家とも違うオンリーワンのお家造りに挑戦していただきたいと思います。

ヤマワリビングでは定期的に完成見学会も開催していますので、

是非 先ほど話した空間利用や既製品ではない本物の家造りの参考にしていただ
きたいと思います。

見学会のおしらせはHPに随時乗せて行きますのでチェックしてください。

 

 

 

 

 ヤマワリビング   和田さおりさん

 

 

 


2017年9月26日