FM長野

①人生で探し物にかける時間
 突然ですが伊織さんにクイズです!
 人の一生で探し物にかけている時間は日数にしてどれくらいでしょう?
 (1) 30日
 (2) 150日

 正解は(2)の150日です。
 ある調べでは1日約10分、一生にすると約150日分も探し物をしているそうなんです。
 仕事の時間も含めれば、もっと探し物に費やす時間は多そうです。
 この150日が、探し物ではなくて、自分の好きなことをする時間になったらとっても嬉しい
 ですよね。

 (参考URL)
 https://rocketnews24.com/2012/03/26/195529/
 https://www.otsuka-shokai.co.jp/events/its/it-column/2014/0709.html

 

②家の中でよく探す物
 どんなものがよく探されているかというと、携帯電話、家や車のカギ、眼鏡、財布などがよ
 く探されています。
 私自身振り返ってみても、今上げた物はよく探したなあと思います。実は未だにバッグの
 中ではカギを探すことがあったりします。
 物が見つからないと本当にイライラしますし、見つかるまでずっと気になりますよね。
 そんな気持ちの乱れをつくらず、忙しい毎日を平穏に暮らすためにも、探し物をしないで
 暮らせる仕組みづくりが大事です。

 

③よく探す物は今日から定位置をつくろう
 毎回お伝えしていますが、それは「定位置をつくる」っていうことなんです。
 物が必ず戻る場所、物の住所を作ってあげることなんです。
 スムーズな生活を送るには、定位置を決めることは本当に欠かせません。
 できれば家の中のすべての物にしっかりと定位置を作りたいところなんですが、まずは
 よく探す物から定位置をつくりましょう。
 先ほどよく探す物とお伝えした、カギ、携帯電話、財布、眼鏡だけ定位置を決めるだけ
 なら、今日お家に帰ってすぐにできます。これだけでも毎日の探し物の時間が減ります
 ね。
 もう定位置が決まっているんだけど、うまく定位置が機能していないという方には、定位
 置の場所が散らかっていたり、奥さんはできていても旦那さんがいつも探し物をしてい
 て巻き込まれたり、そもそもその位置に無理があったりという方が多いです。

 

④定位置は動線の中に作ろう
 定位置は家の中の自分の行動の流れに沿って決めることが大事です。最初から無理
 にあの収納にしまおうとか考えるとすぐに続かなくなってしまい、また探すことになって
 しまいます。行動の流れの中でさっと取り出せて戻せる場所に定位置を作りましょう。
 ひとまずかっこよさにはこだわらないで、例えばカギなら玄関の壁に画鋲を刺してそこ
 にかけるとか、玄関の収納の上に目立つカゴなどを置いてそこに入れるだけにすると
 か。今日帰って家に入ってからの行動を意識しながら定位置を今日決めみてください。
 定位置を決めたら続ける努力もちょっと必要ですから、必ずそこに戻すということを意
 識して続けてください。ラクな場所なら無理なく続けられます。

 

⑤インフォメーション、体験お片付けサポート
 収納企画トトノエ堂では、片付けが苦手でずっと散らかった生活をしているなどお困り
 の方へ、スタッフがお客様と一緒にお片付けをして、片付けやすいお家に改善してい
 く、お片付けサポートを行っています。気になる方はHPで詳細をご確認ください。
 また今日の定位置についての話もブログにまとめています。実際にスタッフが実践し
 ている定位置の写真なども載せていますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

収納企画トトノエ堂     大島千恵子さん


2018年7月06日

・私ども林友は、創業70周年を今年迎えました松本市にある住宅会社です。新築とリフォーム、
  リノベーション、マンションとか中古住宅といったものも対応させていただいていまして、空間
  づくりを通じて住む方のライフスタイルを提案させていただいております。

・今日はリフォームの入り口についてお話させていただきたいと思います。

・リフォームは頼み方ひとつでもっと暮らしを楽しくしてくれるということをお伝えできたらと思い
  ます。

・まず、リフォームするきっかけというのはどんな時が多いと思いますか?

・国交省の調査でも、リフォームを始めるきっかけの一位は、劣化や壊れた部位の交換や修理
  修繕が一番多いんです。壊れた時というのは、やはり困っていますので、物を交換するだけで
  終わってしまうことが多いんです。それも間違いではないんですが、ただ新しくするだけなんて
  もったいないと思います。

・ポイントは3つあります。ちょっとイメージしやすいように、トイレのリフォームでお話してみます。

・まずポイントひとつめ。現在のお住まいで困っていることを相談してください。例えば、段差が
  気になる、物が片付かないとか。例えばトイレットペーパーは12ロールで売っていますが、買
  てきたらどこに置いていますか?あと、コンセントが使ってないのがあるよとか、ここにコンセン
  トがあったら便利なのになあなんて思ってることはありませんか?冬場ストーブを置きたいなと
  かも。

・ポイントふたつめ。どんな暮らしを考えているかを伝えてください。例えば、すっきりしたいんだ
  よ、あまり掃除用具とかそういったものを見せたくないよとか。あと高齢者の方が一緒に住んで
  ることがあれば、手すりはもちろんなんですけれど、お話いただけると少し段差が高いものを
  選ばれると立ち上がりがしやすいといったこともあります。

・三つ目。これはけっこう大事かなと思うんですけれども、できるできないというのは後回しにし
  ていただいて、まずしたいことを考えましょう。たとえばトイレなんですけれども、用を足すのは
  もちろんなんですけれども、けっこう皆さんいろんなことをやられています。たとえば、本が読
  みたいとか。私のお客様でも本棚を作って欲しいというお話があったりとかあります。あと意外
  に携帯を見ているという方もいらっしゃいませんか?そこでたとえば充電ができるコンセントが
  あったら便利だなあって思ったり、名言を貼り付けて朝晩見たり。家族の情報交換のためにク
  リップボードだとかホワイトボードを付けたいという方もいらっしゃいます。

・ホテルとか飲食店とかに行ったときに、このトイレ格好いいなあなんて思ったことありませんか
  ?けっこうお洒落なトイレとかありますし、あれもお家に持ってくることができるんです。例えば
  壁紙の色とか照明の当て方とか、そういったものを演出することができるんです。

・こうやってお話しただけでもちょっとどきどきわくわくしてきませんか?遊びに来た友達に自慢
  したくなったりしませんか?

・トイレに限ったjことではなく、こうしたリフォームからの素敵な空間というのは、リビングですとか
  キッチンですとか、様々なところでお気に入りの場所を作ることができるんです。

・昨日はほんの十数年前の物を取りかえるんですから、省エネ性だったりとか、当たり前によく
  はなりますので、それはもう当たり前であって、やはりそこから一歩踏み込んでいただいて、
  住む方のことを考えていただけると、どきどきわくわくした生活が生まれてくると思います。

・今日お話させていただいたようなことをだいたい1時間ぐらいかけて、私どものショールーム
  で「かしこいリフォームの頼み方講座」というのを定期的に開催しています。ご予約いただく
  とスムーズですが、直接来ていただいてもけっこうです。場所は松本駅の近くなんですが、
  ホテルブエナビスタさんの立体駐車場西側に、林友ホームのショールームがあります。FM
  長野からも近くです。ホームページもチェックしてみてください。

 

 

 

林友ホーム    高山忠勝さん

 

 

 

 


2018年7月04日

・空間工房は2005年創業の若い工務店です。長野市を中心に大体100棟ぐらい空間
  工房の家にお住まいいただいています。注文住宅専門の工務店です。

・旅行とかに行ってきれいなホテルに何日も泊まっても、家に帰ってきたらやっぱり家が
  一番いいと思えるのが注文住宅の良さです。住宅は、使う人が限定されています。ほ
  かの建築物、ホテルやレストランや飲食店や公民館などは不特定多数が使うことが前
  提で作られていますからユニバーサルデザインでいいんですが、住宅というのは使う
  人が限定されているので、使う方々がいいと思ったらそれでいいわけです。よその人が
  見て変だなと思うことがあっても、施主さんに理由があれば全然OKなわけです。

・背が高い奥さんもいればそうでない方もいるので、まさにキッチンの高さもいろいろで
  すし、棚の高さをとってもそうです。洗濯も、夜やる人もいれば朝やる人もいるわけで、
  ご家族の中に左利きの人が混じっていたりしたらダイニングテーブルをちょっと丸くし
  てあげるとか(四角いテーブルは肘があたるので左利きに不向きなのです)。

・こうした暮らしのクセみたいなことをどれだけ盛り込んで設計できるかというのが私たち
  注文住宅の工務店の腕の見せ所だと思います。

・工期はプレハブよりはかかりますが、10坪一月と言ってまして、30坪でしたら3ヶ月、
  40坪だったら4~5ヶ月程度といった工事期間をいただくのですが、むしろその前の
  方が大事かもしれません。設計する時間をきちんととってちゃんと設計することがすご
  く大事です。

・どのように暮らしたいですかということはお聞きします。趣味はなにかとか、1日の暮ら
  しのリズムだとかはよく伺います。

・建築の知識は施主さんは要りません。30歳の方には30年の生きてきた暮らしがある
  プロですから、それを素直にお話いただければ、それをどうやってうまいこと形にする
  かは我々の腕の見せ所になります。

・ホームページには完成内覧会の日程も出ていますので、ぜひご覧ください。

 

 

空間工房         岡本竜人さん
  


2018年6月04日

・シーズンオフになってくるんですけれども、薪の棚もそろそろだいぶ空いてきていまして
  寂しい状態なものですから、今作っておいて秋に使うというサイクルになってきます。薪
  の消費期限は大体5年と考えてください。ただ、ベストは2年目・3年目で、木が一番いう
  ことを聞いてくれます。含水率が適度に下がって、ユーザーさんが調整すれば一気に温
  度が上がるし、絞ることも容易にできるのが2年目・3年目の薪です。

・4月の末からゴールデンウィークぐらいになってくるとみなさん使わなくなってくるんです
  けれども、その時にユーザーさんでやっていただきたいメンテナンスが灰の除去です。
  炉内に灰が残っていると思うんですけれども、シーズン中は灰を貯めてもらうことで置き
  を残しましょうと申し上げていたのですが、シーズンオフになってくると今度その灰をし
  っかり取っておいていただいたほうが、灰は水分を含んでいてサビの元とかになります
  ので、鋳物にとってあまりよろしくないものですから、きれいにしていただきたいというこ
  とがあります。

・灰はお住まいの自治体のルールに沿って処分してください。ストーブが痛まないように
  灰をわざわざ敷いてからやるという方もいらっしゃますが、なかなかそこまではできなく
  ても大丈夫です。

・ドアのガスケットといいましていくつかドアがあるんですけれども、そこにガスケットロー
  プというものがありまして、平均7年ぐらいもつかなと考えているんですが、だんだん固
  くなったりちょっと縮まった感じになって、以前は固かったものが最近すんなり閉まると
  いった状況になるとか思います。そうすると空気がそこから入ってしまって気密性が落
  ちてしまいますので、ドアのガスケットもちょっと怪しければ春先から夏にかけて交換し
  ておくと、また秋に向けていいかと思います。この辺も簡単にヒートボンドと呼ばれる耐
  熱性のボンドとかも販売されていますので、ガスケットも切り売りできますから、あったも
  のをショップで買っていただければと思います。

・今までのところでしたらお客様ができるところなのですが、次に我々でなければできな
  いことをご紹介します。ストーブのメンテナンスでいちばん手間がかかるのが実は養生
  なんです。灰が飛ばないようにとか、脚立を立てる時に毛布を敷くとか、そういった養
  生がすごく時間がかかります。そのための道具は普通に買えるんですが、掃除機も含
  めて養生の道具のほうが大変になってきてしまいますので、煙突そのものの清掃は我
  々に任せていただいたほうが安心なのではないかと思います。高いところに登ったりも
  しますし、なかなか一般の方には難しいと思います。

・でも、すべての方の煙突掃除をしようとは考えていません。上手に焚ければ、5年以上
  10年やらなかった方もいます。ただ、ちょっと怪しいなと思ったら、点検ということもや
  ています。

・ヤマショーは今まで上田がベースでしたが、6月に安曇野市の穂高に新ショールーム
  をオープンする予定です。

 

 

 

ヤマショー  山口長武さん


2018年5月29日

今回は、最後ということもありますので今までお話したことも含めた、私たちヤマワリビング
のお家造りに対する思いや考え方のお話をしたいと思います。

 

①空間利用とメリハリのある設計
 空間を無駄にしないという観点から屋根裏の部分も有効な空間に取り入れ、収納やプ
 ラスワンのスペースとして考えます。プライベートな空間はシンプルに、家族が集まる共
 有スペースは広く明るく、居心地のいい空間を創っていきます。またトイレや階段などの
 通路は少しだけ広くする等メリハリのある設計を心がけています。

 

②大きな家はいらない、コンパクトな家でゆったり暮らす
 コンパクトな家は初期投資費用はもちろん、税金、メンテナンスにかかる費用、生活して
 いく中での光熱費の削減などメリットがたくさんあります。ヤマワの見学会にお越しになっ
 たお客様も、中をご覧いただいてから坪数を聞いて毎回驚かれることがよくあります。

 

③天然木の家
 私たちヤマワリビングでは天然の木を使用したお家を作っています。夏は木に触れて
 もべたつくことなくとてもさわやかです。また冬はぬくもりを感じることができます。ヤマワ
 リビングで採用している赤松の無垢板は、夏はさらっと冬は床暖房が入っているの?と
 聞かれるくらい暖かく心地がいいです。また無垢の木を使った住宅は体にも優しく、ア
 レルギーを持った方でも症状を抑える効果があります。また木が発する成分によって気
 持ちを落ち着かせたり、リラックス効果もあると言われています。ヤマワリビングでは家具
 も天然の木にこだわってご提案させていただいています。ダイニングテーブル・ソファー
 はもちろん、特に毎日の健康に欠かせないベットマットは最上級の寝心地をお約束でき
 る商品です。

 

④まとめ
 量産型の住宅ではなく、本物の価値のある住宅。そしてそこに住まわれるご家族の健康
 と幸せを考えたお家づくりをしたいと考えています。またお家を建てたらそこがゴールで
 はなく、【建ててからが本当のお付き合い】をモットーに取り組んでいます。

 

そんなこだわりのお家づくりは実際に見て体感していただくのが一番だと思います。私たち
ヤマワリビングでは、続々と完成見学会や構造見学会を開催していく予定です。詳しくは
HPやインスタグラムなどをご覧ください。

 

 

ヤマワリビング   桂さおりさん

 

 


2018年5月24日
1 / 2112345...1020...最後 »