FM長野

◆長野都市ガスのトイレリフォームについて
 ガス会社のリフォームというと、キッチンやお風呂のようなイメージが前面に出てきて、
 ガス機器の関係などでいつもお世話になっているお客様でも、弊社でトイレのリフォ
 ームまで出来ることをご存知の方はまだまだ少ない状況です。長野都市ガスのリフ
 ォーム部門では、年間30件以上のトイレリフォームの実績があります。

 

◆最新トイレリフォームのメリット
 今回は、最新トイレの良いところを3つご紹介します。
 1.節水・節電
 従来のトイレは、一度流すたびに10L以上の水を使用しているのをご存知でしょう
 か?家族が多くなったり使用頻度が高くなったりすると、一日にトイレで使う水とい
 うのは意識しないうちに結構な量になります。最新のトイレは従来のトイレに比べて
 一度に流す水量は約半分からそれ以下まで節水になっています。また、ただ節水
 になっているだけでなく、少ない水でもきちんと洗浄できる仕組みになっているの
 で、洗浄力が劣るわけではありません。
 さらに、センサーによって人の動きを感知して、人が使用するときだけすばやく便
 座を温めたり、あまり使わない時間を計算して自動で節電モードになってくれたり
 といった機能を持ったトイレもありますので、無駄な電力を削減して勝手に節電し
 てくれるのもポイントです。

 2.お掃除簡単
 やはりトイレは毎日使う場所ですので、お掃除の回数も増える場所です。
 長年使用しているトイレだと、便器に汚れが染み付いてしまって取れなかったり、
 よく言われる便器のフチ裏の掃除が面倒だったりと、お悩みはたくさんあることで
 しょう。
 最新のトイレはそういった部分も改良され、便器の表面がとてもなめらかな仕上
 げになっていて汚れがつきにくくなっていたり、汚れのたまりやすいフチ裏をなく
 したりと、お掃除がラクになるようにどんどん進化しています。

 3.トイレのスペースが広々使える
 従来はタンク式のトイレが主流で、後ろにタンクのあるトイレをお使いのお宅が多
 いかと思いますが、最新のタンクのないタンクレストイレにしていただくことで今ま
 であった後ろのタンクがなくなるので、お掃除をする箇所も少なくなりますし、トイ
 レのスペースを広々と使えたり、さらにその空間にあった収納なども合わせて設
 置することによって、さらにシンプルで見た目も空間もすっきりとしたトイレになり
 ます。

 

 実際に長野都市ガスでトイレのリフォームをさせていただいたお客様からも、水
 道代が下がりお掃除も簡単になって、家族にも好評だと喜んでいただいていま
 す。あと、トイレのリフォームはだいたい半日から1日ですべて終わってしまうの
 で、早く新しくなるのもお客様にとって嬉しい点だと思います。

 

 長野都市ガス   北澤望さん

 

 

 


2018年4月11日

①物を減らす必要性
 まずポイントをお伝えする前に、そもそも「なんで物を減らす必要があるの?」ということを
 考えてみて欲しいんです。
 みなさんから一番多くお聞きするのが「捨てられないんです!」ということなんですが、物
 を減らす必要や理由がなければ、心を痛めて捨てることもないですよね。
 物を減らす理由として例えば、
 お家を建てたり、リフォームして住み替えるからとか、
 収納の中もぎゅうぎゅうで、部屋が散らかってしまってストレスだからとか、
 散らかり過ぎて危険!というような場合は、物を減らす必要がありますね。
 物が減ると家の中の物の管理もラクになりますし、片付けやすくなり、お家の中が安全に
 もなります。また、自分で覚えられる物の量になっていくと無駄な買い物も減りますから節
 約にもつながります。
 まずは捨てることを考える前に、なぜ物を減らす必要があるのか、ちょっと立ち止まって考
 えてみてください。
 物を減らすことを決めたら、物を手放す基準を決めて、「分ける」ことを行います。ぜひ自
 分に合う基準を見つけて欲しいのですが、今日は迷っている方へ、手放す基準を決める
 お勧めポイントとタイミングをお伝えします。

 

②ポイント1・「使える」ではなく「使う」
 1つ目のポイントは、その物が「使える」ではなくて、自分が「使う」かということで分けましょ
 う。
 「使える」というと、まだまだ使える物がお家の中にはたくさんありますよね。「使える」で分
 けると一向に物が減りません。でも、「自分が使うかな?」と考えてみた時に「使わない」と
 というふうに考えられる物を減らしていくようにしましょう。
 さらに、「使う物」「使わない物」をしっかりと分けたら、また同じ場所に混ぜて戻さずに、
 置き場所を変えるなどして、見て分かるようにしておきましょう。

 

③ポイント2・「2択」でなく「4択」
    2つ目のポイントは、2択ではなく4択で分けましょうということです。
 「使う」か「使わないか」という白黒はっきりさせるような2択が難しい方は、「好き」か「嫌い」
 かという感情を入れて分けるのがおすすめです。
 「使う」か「使わない」かではっきり分けられない物ってけっこうあるんですよね。例えば、思
 い出の物とかですね。
 4択の仕方は、好きでよく使うもの、好きで使わないもの、嫌いだけど使うもの、嫌いで使わ
 ないもの、と分けます。ここでは、嫌いで使わないものを手放すということに決めます。

④ポイント3・「増えた」ら「減らす」のタイミングを日常に
 ポイントの3つ目は、「増えたら」「減らす」の物を手放すタイミングを日常で意識しましょうと
 いうことです。
 物を分けて、手放す物を決めたら、ゴミの日に捨てるとか、リサイクルショップへ持って行く
 とか、なるべく早めに家の外へ出すようにしましょう。そして、その時だけで終わるのではな
 くて、これから常に「増えたら」「減らす」を意識して欲しいんです。
 お片付けをして整った収納スペースに一つ物が増えたら、手放す物がないかその都度見
 るようにしましょう。
 その物を収納してある場所を、使いやすい物の量で常に一定にするということが大事です。
 そうすると、永遠に物が増え続けるサイクルから抜け出すことができます。ライフスタイルも
 変化しますので、変化に合わせて物の持ち方も変化させていくようにしましょう。
 この意識は、しっかりとお片付けを完了してからと思うのではなく、今からすぐ意識してでき
 ることですので、ぜひ心がけて生活してみてください。

 

⑤インフォメーション お片付けサークル
 お片付けサークルという、みんなでお話をしながらお片付けの計画をして、実践して共有
 するというサークルを開催しています。一人では続かないという方は、モチベーションのア
 ップにご参加ください。長野市で現在2ヶ所で行っています。毎月第1水曜日の午前中と、
 第3火曜日の夜です。
 サークルの詳細はホームページをご確認ください。また、今日お伝えした物の手放し方を
 スタッフそれぞれの工夫もブログでさらに詳しくお伝えしていますので、こちらもホームペ
 ージをご覧ください。

 

 

収納企画トトノエ堂     大島千恵子さん

 


2018年4月06日

・まず朝は早起き大会から始まります。冬の朝は朝起きるのが億劫ですが、薪ストーブの場合、
  前日の夜に投入した薪が残っているのでお部屋は冷え切っていなくてほんのりあったかいん
  です。そこに薪をくべるだけでパッと燃え上がるので、その様子がすごく面白いため、誰が一
  番先に薪を入れるかという早起き大会が始まるわけです。なので、特に火付けとか焚き付けで
  苦労することはなく、一発目の着火でもスムーズに立ち上がって、すぐお部屋があったまる感
  です。

・休日24時間薪ストーブを稼動している場合、大体日によって、お天気などでも変わってきます
  が、大体5回ぐらい投入するイメージです。薪の種類とか、日持ちのいい悪いもありますので、
  そういった部分を工夫していただくと、日によって変動はありますが大体5回ぐらいとなります。

・今日のように晴れた日などは、日中は熾火にしておくと、ストーブ本体からは余熱が出ている
  ので、とてもぽかぽかあったかいんです。なのでお昼の時間帯には薪は投入しないで、残っ
  た熾火でピザやおもち、お芋などを焼いたりしていただいて、それをランチに召し上がってい
  ただくというような楽しみ方ができます。

・冬が終わりに近づいてくると、雪解けになって山から倒された木が里のほうに下りてきます。
  その薪の原木を皆さんの庭先だとか薪を作る場所に運んでおいていただいて、そこで春の
  4月5月ぐらいの時期に切って薪に割っていただいて薪棚に積んでおいていただき、夏をは
  さんで半年ほど乾燥すると、次の冬にその薪が使える状態になります。

・エアコンやファンヒーターのようなものと違って、故障しにくいのが薪ストーブのメリットの一つ
  です。煙突をつけて煙を外に出すのですが、外が寒ければ寒いほど家の中のあたたかさと
  外の寒さの温度差で煙突の煙を引っ張る力の強さ、クラフトが強まっていくんですが、外が
  寒いほど薪ストーブの性能が発揮されて、中があったかいという状態になります。ですので、
  長野県はとても薪ストーブに合っているところと言えます。

・おすすめなのが、1日の中の夜間ですが、洗濯物がなかなか乾かないこの時期、お休み前
  に家で洗濯していただいて家の中に洗濯物を干していただくと、薪ストーブだとちょっと乾燥
  気味になりますが、洗濯物から蒸気が出て加湿できますし、朝起きてその洗濯物がしっかり
  乾いている状態になります。

 

 

ヤマショー 藤澤知旦さん


2018年3月14日

明るい部屋をつくりたい。とういことはお家を作るときに誰でも思うことだと思います。

自然光や自然の風をお家の中に取り入れることは、快適な住まいをつくるには必要
不可欠な要素ですし、特に光を取り入れることは明るさを取り入れるだけでなく、季
節や時間を感じて健康を維持するサイクルを体の中につくるという大きな役割も持っ
ています。

勿論昼間は照明に頼らない生活で、エコにもつながります。

 

こういった「自然光」をお家の中にどう取り込むかは設計するときにとても大切なこと
になってきます。

今日は、私たちヤマワリビングが設計する際に自然光を取り込むためにしている工
夫についてお話したいと思います。

 

もちろんお家によって敷地の広さ方角周辺の立地や環境が違いますので家ごと設
計は変わってきますが、大切なことは「家族が一番長くすごすスペースを最も明るい
場所にすること」です。主にリビングやLDKですね。

 

まず、「明るい家」を実現するための方法として南や東の方角に大きな開口をつくる
こと。そして吹き抜けが可能でしたら2階まで窓をつくり2層分の光を取り入れるなど
の方法です。窓はなるべく高いところに設置したほうが採光量は多くなります。

さらに部屋の間仕切りを少なくしたり、開口を自在にできる引き戸や、透ける素材を
活用することで、光を奥へ奥へと導いて家中に届くうようにコントロールします。

 

 

細長い敷地で両隣に家がある場合も光を取り込むのが難しいケースのひとつです。

その場合は中庭をつくりそこから光を取り込む方法や、天窓をつくりトップライトとし
てできる限り光を取り入れることが重要です。

天窓は普通の壁窓に比べると3倍の光を取り込むことができます。ただし直射日光
が入りやすい方角に設置する場合は強すぎる光に対しての注意が必要です。断熱
性能のあるガラスを使用したりブラインドやロールスクリーンの設置で工夫を検討し
てみると良いと思います。

 

また、隣の家が近い場合や視線が気になる場合の窓の設置の工夫として、目線より
高い部分、天井付近や、床付近に横長の窓を設置すると視線を遮りながら光を取り
入れることができます。

 

どの部屋にも大きな窓があるのが心地のいい家と思いがちですが、実はそうでもあり
ません。大きい窓や小さい窓、細い窓を機能や目的に合わせ、そして外観のデザイ
ンにも配慮しながら取り入れるべきです。

また、西や北の窓も季節や時間によって心地よい光や風をもたらし落ち着いた室内
空間をつくりだしてくれます。

その土地や環境にあった設計で快適な住まいの計画をしましょう。

 

 

ヤマワリビング   桂さおりさん

 

 


2018年2月20日

◆リビングリフォーム導入
 長野都市ガスのリフォームは、キッチンやお風呂などの水回りだけではなく、リビングや
 和室などの居室のリフォームもやっています。お家にいる時間の中でリビングは過ごす
 時間がもっとも長い場所のひとつ。そんなリビングをぽかぽかで快適な空間にするため
 に、今回はリビングのリフォームと一緒にガス温水式の床暖房と内窓をご紹介します。

◆ガス温水式床暖房について
 冬のこの寒い時期にエアコンやヒーターで部屋を温めながらくつろいでいると、頭や顔
 は温かくなって足元はなんとなく冷える、空気や肌が乾燥する、といったお悩みを感じる
 ことはないでしょうか。
 温水の床暖房は、床から熱を放熱するので、足元はもちろん、そこからの輻射熱によっ
 て部屋全体を暖めてくれます。また、温風で部屋を暖めるエアコンなどと違い、風を起こ
 させないため、温度を保ちながら空気や肌の乾燥を防いでくれたり、ホコリや花粉を舞い
 上がらせないといったメリットがあります。
 いいところたくさんの温水式床暖房。床の仕上げはフローリングや畳、カーペットなどお
 部屋に合わせて幅広く対応できます。また、今あるフローリングの上に床暖マットを敷く
 後付けの工事も出来ますので、床暖房に興味のある方はぜひ長野都市ガスのショール
 ームで体感してみてください。
 床暖房をお使いいただいているお客様には、毎月のガス料金が安くなるお得なプラン
 もありますのでお問い合わせください。

◆内窓について
 部屋の寒さ暑さ対策として、また床暖房の効率をよくするという点で、さらにリビングのリ
 フォームでおすすめしたいのが「内窓」。
 「内窓」とは、今ある窓の内側にもう一つ窓をつけて2重の窓にすることです。室内外の
 空気は大半が窓から出入しているので、部屋の空調効率を上げるなら窓の断熱対策が
 必要不可欠です。内窓をつけることで、今ある窓と内窓との間に空気層が出来るため、
 断熱性がアップして外気の影響を受けにくくなったり、窓の結露の発生を抑えることが
 できます。取り付けも簡単に出来るため、暖房を入れているのに充分温まらないなと感
 じたり、結露や騒音などにお悩みの方にもおすすめします。

 

 

長野都市ガス   北澤望さん


2018年2月02日
1 / 1912345...10...最後 »