img_78231

今日の「ジモトーク」は、
松本市在住の作家・小嶋陽太郎さんをお迎えしました!

小嶋さんは、2014年に『気障でけっこうです』で、
第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞して、デビュー。
去年は、第2作の 『火星の話』と、第3作の 『おとめの流儀』を発売。
そして9/29には、
最新作の第4作 『こちら文学少女になります』 が発売されました!

この作品は、出版社に入社した、漫画嫌いの女の子が主人公。
男性ばかりの「青年漫画誌」の編集部に配属されたところから
はじまるストーリー。疾走感があって、どんどん読み進めたくなる作品です!

FM長野近くの本屋さんでも平積みされて、POPも!
是非、読んでみてくださいね♪


UPDATE : 2016/11/24  カテゴリー:木曜日