写真 2017-08-17 14 52 08
      
   
ラジモ月曜日のこのコーナー、今月は「お米特集」です!
「JA松本ハイランド」筑北地区、東筑摩郡麻績村のコメ農家、
平田太陽さん&鎌田未来さんへのインタビューをお届けしています。
     
幼馴染であり、先輩と後輩の関係という、30代のお二人。
コメ農家のご実家を引き継いだ先輩の平田さん。
その楽しそうな平田さんの姿を見て、米作りを始めたという鎌田さん!
お二人とも、コシヒカリを中心に作っているそうです。
    
そんなナイスコンビ、師弟関係?!のお二人に、
筑北の米作り、筑北米の美味しさについてたっぷり伺っていきます。
お楽しみに・・・!
      
写真 2017-08-17 14 53 34
   


UPDATE : 2017/09/11  カテゴリー:月曜日 発見!ながののゲンキ! 
   

 
  
『JA全農長野 発見!ながののゲンキ!ミライのミカタ』  
8月は、「カーネーション」特集でお届けしています。
長野県は、生産量全国第1位!6月末~9月が出荷のピークを迎えます。
佐久・諏訪・松本が主要産地ですが、
今回は、佐久穂町の切花農家、阿部和博さんにインタビューしてきました。
      
どの品種もうっとりするほどの気品漂う佇まい。。。
その栽培の裏側、灼熱のハウスの中でじっくりとお話を伺ってきました!
   
  

ドヌーヴ
  

セイシェル
  

クリスティーナ
  

アクティバ
  
  

UPDATE : 2017/08/14  カテゴリー:月曜日 発見!ながののゲンキ! 

       

   
「ラジモ!月曜日」では、7月から、昨年に続いて
『JA全農長野 発見!ながののゲンキ!~ミライのミカタ』をオンエア!
長野の旬の農産物を手掛ける、ゲンキな若手農家さんに密着取材!
その熱い思いを、お届けしていきます。
     
Exif_JPEG_PICTURE
    
  
7月は、まるっと一ヶ月・・・まさに今が旬!セルリー特集です。
一般的には「セロリ」と呼ばれることが多いですが、
長野県の生産現場では、古くから「セルリー」と呼んで出荷されています。
 
     

    
この太さ!!収穫時の重さは2キロほどになるそうです!
  
      
そして、長野県のセルリー生産量は、なんと全国第1位!
涼しい気候と水分が大好きなセルリー、信州はぴったりの栽培環境なんです。
そんなセルリーの一大産地、諏訪郡原村へ!
セルリー農家の3代目、小林隆一さんにお話伺ってきました。
毎週17:30頃からの放送です。どうぞお楽しみに!
 
愛車は、特注カラーの軽トラ!眩しいッス!
       

    
   
  
  


UPDATE : 2017/07/10  カテゴリー:月曜日 発見!ながののゲンキ! 

  
img_1093
   
  
今日も、お休み中の向井アナウンサーに代わりまして
木曜ラジモのマンダムさんと、コバマンコンビでお届けしました。

「ジモトーク」は、火の見櫓トーク後編!
火の見ヤグラー=平林勇一さんのDEEPなトークを交えて
「火の見櫓観察のススメ」的にお届けいたしました。
ものはなんであれ、突き詰めれば興味深いものが我が街にはいっぱい!
そんなジモトを楽しむヒントを教えてもらったような気がします。
    
    
JA全農長野 発見!長野のゲンキ!みらいのミカタ」は本日修了!
今シーズンもご清聴、ありがとうございました!
  
「えのきたけ特集」、最後にご紹介したのは、
えのきの石づき近くを輪切りに切って
ホタテ風にバター醤油で楽しむ「えのきホタテ」。
こんなアイデア料理で根元から頭の先まで、美味しくいただきましょう!
    
  
img_0804 
  
  
今シーズンも、信州の“ゲンキ”な若手農家さんをたくさん”発見”できました!
そんな農家さんが、これからの長野の”ミライ”を作るわけですから、
これからも安全安心なジモトの食材たくさん食べて、
長野の農家さんを応援していきましょう!
  
  


UPDATE : 2016/11/28  カテゴリー:月曜日 発見!ながののゲンキ! 

   
eno2
 
11月までの期間限定でお届けしているこのコーナー。
シーズン最後は「えのきたけ」を特集しています。 
  
長野県が全国第1位の生産量を誇る「えのきたけ」!
日本に出回る「えのきたけ」のおよそ半分が、長野県で生産されています。
 
今回は、下高井郡山之内町「JAながの志賀高原ブロック」のきのこ農家、
児玉勝成さんの栽培施設にお邪魔しました。
  
eno3
 
栽培の肝は、空調管理!施設にはいくつもの小部屋があって、
部屋ごとに成長に合わせた厳密な空調管理が行われています。
寒いところで、なんと1度!
夏は特に外との温度差で身体も大変なんだとか。
   
eno1
  
芽だしから収穫まで、トータルでおよそ25~28日。
1ヶ月ほどかけてじっくりと、密度の濃い、太いえのきを育てます。
それが、あのシャキシャキのえのきの食感にも繋がるわけですね。
  
どんな料理にも合う万能きのこの「えのきたけ」!
コーナーでは児玉さん直伝のオススメレシピもご紹介します。
どうぞお楽しみに!
   
eno4  
   
  


UPDATE : 2016/11/13  カテゴリー:月曜日 発見!ながののゲンキ! 
1 / 212