img_0701
   
今回ご紹介するのは、「あぐりスクール」!
JA上伊那が、子どもたちのために開校している「食と農業の学校」です。
上伊那の小学3年生~6年生までを対象に、毎年4月~12月まで
月1回開催されているもので、なんと今年で11年目を迎えます。 
  
この「あぐりスクール」に先月、私も“登校”してきました。
この日は、楽しみにしていた稲刈りは雨のため中止、
みはらしファームでぶどう狩りを楽しみました。
   
img_0702
  
大粒の実りに子ども達も声を弾ませて収穫体験!
もちろん農家さんからぶどうの説明や収穫までの作業の説明もあります。
 
上伊那の小学生の皆さんにきちんと「いただきます」が言える子に育ってほしい、
そんな思いが込められた「あぐりスクール」は、
子ども達の明るい未来、上伊那の農業の未来を作ることでしょうっ!
     


UPDATE : 2016/10/06  カテゴリー:水曜日 JA上伊那おいしいな! 

  
20160916_093145
  
今回は、新米をストックしておく大型倉庫
「カントリーエレベーター」にお邪魔してきました!
  
「カントリーエレベーター」は、お米の乾燥機と貯蔵するサイロが
エレベーターでつながれた大型の農業倉庫。
「JA上伊那」には、全部で8つの「カントリーエレベーター」があって、
たくさんのお米を、最適な保存状態で貯めておくことができます!
   
「上級オペレーター」という貴重な資格をもつ
JA上伊那の唐沢さんに案内していただきました!
唐沢さんのような素晴らしいお仕事があって、
美味しいお米が日々食べられるのですね。  
   
20160916_095154
   


UPDATE : 2016/09/21  カテゴリー:水曜日 JA上伊那おいしいな! 
 
農産物以外にも上伊那は「おいしいな」がいっぱ~い!ということで、
今日は、秋の風物詩「ふな」をご紹介しました。 
  
funa
   
ふなは、上伊那地域の郷土食で、稲刈り前に行う“ふな獲り”は、秋の風物詩。
海が遠い上伊那にとってふなをはじめとする魚は、「御ご馳走」とされていて
今まさに店頭に並んでいる時期なんです。
このふな、「JA上伊那鮒部会」の13名の会員さんが、駒ヶ根市を中心に、
上伊那の南部地区で日々、苦労しながら養殖しています。
   
今年もとっても好評ということで、
店舗によっては入荷が追いついていない状況みたいですよ。
上伊那地域の郷土食を、あなたもぜひ味わってみてください。
     


UPDATE : 2016/09/14  カテゴリー:水曜日 JA上伊那おいしいな! 

20160805_104845
    
今回の主役は「白ねぎ」!
「JA上伊那」のねぎ農家、唐沢としはるさんの畑にお邪魔してきました!
  
上伊那自慢の白ねぎは、名古屋・大阪・九州方面へ出荷されていて、
出荷は、例年8月から12月まで。出荷ピークの10月~11月には、
毎日およそ1,000箱を出荷しているそうです。
 
炎天下の中の収穫作業は大変そうでしたが、
これからも美味しいねぎを届けて下さい!
    
20160805_105736


UPDATE : 2016/09/07  カテゴリー:水曜日 JA上伊那おいしいな! 

1472014796937
    
今回の取材は、成美の主食!すいか!
駒ヶ根市上赤須のすいか農家、あらいさんの畑にお邪魔してきました。
     
こだわりの土作りの賜物である、この大玉すいかをご覧あれ!
重さなんと12キロ!4分の1カットでも、ひとつ3キロ!
  
あまりに豊富なすいか汁に溺れそうになって、し・あ・わ・せ♪
すいかの季節もあともう少しで終わり。
JA上伊那のおいしいすいか、悔いないように、食い尽くそう!笑
          
1472014800004
    


UPDATE : 2016/08/24  カテゴリー:水曜日 JA上伊那おいしいな! 
10 / 11« 先頭...7891011