【Groovin’ Drive DJ’S MIX 2020/05】
     
DJ: Kenpy

  


TechnoやElectronica等のダークなもの、
エモーショナルなものを中心にプレイ。
長野市music&barFAMEにて不定期イベント
「MOLBOR(モルボル)」を主宰。

 
<Set List>

1.Four Tet / Love Salad
2.Ricardo Tobar / After The Movie(Plaid Remix)
3.Tycho,Saint Sinner / Pink & Blue
intro・outro.ヒスイ海岸の波音

日が沈み夕暮れ時から薄暗くなっていくころ
海沿いを車で走る帰り道をイメージして選曲しました。


UPDATE : 2020/05/27  カテゴリー:Groovin’ Drive DJ'S MIX 水曜日 

【Groovin’ Drive DJ’S MIX 2020/04】
     
DJ: RYUSEI

  

  
音楽を貪る24歳、伊那市在住。
長野県伊那市MOMENTOMスタッフ 令和元年からレコードに触れ始め、
令和二年にDJとして始動 ジャンルレスライブパーティー
「Meteor」(ミーティア)のオーガナイザー。
音楽だけでなく、食、芸術、ファッション。 様々な要素をちりばめた
パーティー「DigHut」をFooma Arai、cigr、二人のDJと共に
伊那市「MOMENTOM」にて開催しDJとしても動いている。
普段は料理人。
    
  
<Set List>   
  
1. Blackbyrds Theme / Lance Ferguson
2. Hold It Down (feat. Alice Russell) / The Quantic Soul Orchestra
3. Heaven (feat. Andreya Triana) [Danny Krivit Edit] / The Vision
   
自粛で外に出られず家で過ごす、早く何処か遊びに行きたいなぁ。
家で踊ろう、仕事終わりの帰り道心躍らせよう
まだまだ繋ぎは未熟ですが踊り出したくなるような好きな曲をお届け、
愛を込めて。
     
  


UPDATE : 2020/04/29  カテゴリー:Groovin’ Drive DJ'S MIX 水曜日 

【Groovin’ Drive DJ’S MIX 2020/03】
     
DJ: 寺島英知郎

  

   
2006年から”GANG STAGE”に加入。
2007年からは川崎クラブチッタで毎年開催されている
“MODS MAYDAY TOKYO”にも参加。
2014年にはLIAM LARGE(JazzMan Records from U.K.)を
ゲストに迎え”Booze it Up”を主催。
”桑原茂一のPIRATE RADIO”連動イベント
“JUKE SALON -GOOD ROCKIN’ OL’DAYS-“をきっかけに誕生した
異色のDJユニット”JUKE SALON”を結成。
近年では大貫憲章率いるGroovy Rock Caravanに参加。
VINTAGE MUSICの普及に取り組む愛猫家。

昨年11月に地元長野に移住しました。
1950年代〜60年代の古いレコードから収録した音源です。
ぜひお楽しみください。 
 
  
<Set List>
 
1.I DON’T KNOW ABOUT YOU / LLOYD NOLAN
2.VOT’S GUNG ON THERE? / BRADLEY MUNDY and HIS ORCHESTRA
3.CHA JEZEBEL / THE NOTES
4.BOSSA NOVA CHA CHA CHA / THE UNIQUES
5.JUNGLE FEVER / THE GRAND PRESS featuring DOUGLASS PETTIJOHN
6.OH LEOLA / LEO QUICA with THE EARL HAGEN ORCHESTRA
   
   
<EVENT>
   
MODS MAYDAY JAPAN 2020 40th Anniversary Special Party
2020/ 5/ 16(sat)@ SHINJUKU LOFT
OPEN & START 17:00 (All night)
●TICKET : ¥5,000(D別)●DOOR : ¥5,500(D別)
  
モッズメーデー40周年のスペシャル・ゲストとして、
Acid Jazzレーベル創立者【エディ・ピラー】のDJ出演決定!!!!!!
  


  


UPDATE : 2020/03/25  カテゴリー:Groovin’ Drive DJ'S MIX 水曜日 

【Groovin’ Drive DJ’S MIX 2020/02】
    
DJ: 鍋谷政貴

  

   
1977年生まれ、新潟県新潟市出身。長野市在住。
2017年に松本市内で開催された音楽プロデューサー牧村憲一さんの
トークイベントを機に、歴史と新しい息吹が共存する松本の町の文化に触れ、
以来この町に魅了され続けています。
give me little more.やMarking Recordsなど、
若い世代の方々の感性によって作り上げられている松本のシーンからは、
いつも刺激とエネルギーをもらっております。
  
  
<Set List>
  
夕暮れ時の信州の街で口づさんでみたくなるような楽曲を、
日本の音楽から選びました。黄昏れと幾ばくかの侘しさ、
自分が生まれ育った昭和の時代への懐かしさを込めて。
松本で青春時代を過ごす10代〜20代の若者のみなさんの耳元にも
届いたら、嬉しいです。
 
1. マグースイム – ヤングフォークス (1997年)
   
SMAP「Fly」のソングライターであり、現在もソロシンガーとして
活躍中の野戸久嗣さんが90年代末に結成していた6人編成バンド。
ソウルフルでファンキーな男女ヴォーカル、
ぜひ一度ライブを体験してみたかった!
この曲は「スライ&ザ・ファミリーストーン+ど根性ガエル」の
イメージとのこと。プロデュースは、
ワールドスタンダード/ソギー・チェリオスの鈴木惣一朗さん。
サニーデイ・サービスの作品で知られる小田島等さんが
アートワークを手掛けたアルバム『長い旅路』は、見事な夕焼けジャケット。
   
2. 久保田麻琴と夕焼け楽団 – 星くず (1970年)
  
2019年にデビュー50周年を迎え、世界的な再評価で盛り上がる音楽家、
細野晴臣さん。その細野さんの古くからの盟友、久保田麻琴さんの存在にも
もっとスポットライトが当てられるべきと思っております
(夕焼け楽団は裏トロピカル三部作、
サンディー&ザ・サンセッツは裏YMO?)。
早くから沖縄音楽など世界中の音楽を紹介し続けて来た、
ワールドミュージックの水先案内人である麻琴さんですが、
何よりそのダンディーで色気のある歌声に痺れます。
1978年にライブハウス・ロフトが企画したアルバム
『ロフト・セッションズ Vol.1』には、女性シンガー
上村かをるさんによるカヴァーが収録されています。
   
3. かまやつひろし – ノー・ノー・ボーイ (1970年)
  
20世紀のロック・ポップスを築いて来たビッグネームが
次々と旅立たれている近年。お恥ずかしながら、亡くなられてから
その存在の大きさを初めて知るということも多く、
個人的にはかまやつひろしさんもそうした一人であります。
GSグループ、ザ・スパイダース時代の名曲を、かまやつさん自身が
福澤エミさんとのデュエットでセルフカヴァーしたもの。
この曲が収録されているかまやつひろし名義でのファースト・ソロアルバム『Monsieur~かまやつひろしの世界』は、全ての楽器演奏や編曲をひとりで
手掛けた、当時の日本では画期的なワンマンレコーディング(一人多重録音)
だったそうです。時代を越えた情緒を感じる、グッド・メロディーです。
   




UPDATE : 2020/02/26  カテゴリー:Groovin’ Drive DJ'S MIX 水曜日 

【Groovin’ Drive DJ’S MIX 2020/01】
   

DJ:DJ YUTARO ( OFF THE WALL )
   

  
独自の感性を武器にジャンル、年代を超えた選曲でフロアを構築♪
DANCE CLASSICS, DISCO, RARE GROOVEの知識も深く、
それらを織り交ぜたアーバンでロマンチックなプレイに心踊らされるだろう。
現在は伊那市「Momentom」にてBLACK MUSICを基軸としたパーティー
”OFF THE WALL”を主催している。
    
   
<Set List>
   
1.QUEEN LATIFAH / FLY GIRL SAX MIX
2.RONNY JORDAN / COME WITH ME
3.Shunske’ G The Peas / Fly Higher
4.Redd Holt Unlimited / I Shot The Sheriff
5.Bob Marley / I Shot The Sheriff
   
OFF THE WALL的、夕暮れを彩るドライブミュージック!
聞きやすく気持ちよくドライブできるNumberを用意してみました♫
  
  


UPDATE : 2020/01/29  カテゴリー:Groovin’ Drive DJ'S MIX 水曜日 
1 / 912345...最後 »