FM長野

今日の「ジモトーク」は、、、
”上田獅子”のレリーフや、”木っ端人形”でもお馴染み!
上田発祥の伝統的な工芸品「農民美術」をご紹介しました。
 
というのも、以前、農民美術作家さんから
番組にメールを頂いたのがご縁でして!これをきっかけに、
「三代目中村実工房」の中村実さんにお話を伺ってきました。

大正時代に上田に関わりの深い芸術家、
山本鼎が農家の冬の副業として全国に広めた「農民美術」。
現在、組織として残っているのは「長野県農民美術連合会」のみ、なのです。
ちなみに、大正8年の発祥ということで、あと2年で100年!
     
上田では、この「農民美術」を未来に繋いでいこう、という動きもあり、
「上田市立美術館」では、山本鼎に関する展示があったり、
こっぱ人形作りのワークショップや、
中村実さんによる木彫り教室が開かれています。
可愛いお土産もミュージアムショップで販売されていますので、
上田に行ったら是非、注目してみてください。
  
   
「JA上伊那おいしいな」では、
JA上伊那スタッフさんオリジナルの「梅ジャム」を試食!
梅雨時は梅アイテムを仕込んで、夏の精力剤にしましょう!


UPDATE : 2017/06/07