FM長野

・エクステリアの日焼けアイテムとして、主にオーニングやせいろ、パラソルやテラス屋根など
があります。

・オーニングは、イメージとしてはよくカフェスペースとかについている布製の可動式の屋根
を思い浮かべていただくとわかりやすいかと思います。布と言っても、ポリエステルだったり
耐久性に優れた生地で作られていまして、カラーなども豊富で、電動で動くものもあったり、
手動で動くものであったり、可動の仕方も様々です。ご自宅の壁に取り付けて、例えば窓際
に取り付けることで、室内への日差しを大幅にカットしてくれたりするので、部屋が日陰にな
ることで温度の上昇を防いでくれるので、エアコン代の節約なんかにもつながります。最近
は冷房病などというものも言葉として出てきているので、そういったものへの対策にもなりま
す。

・室内だけにとどまらず、こうしたオーニングやシェイドをつけることによって、例えばウッドデ
ッキやタイルテラスの上でも過ごせますし、逆に独立型のパラソルであったりオーニングな
んていうのもありますので、庭の好きな場所に設置していただいて、その下で例えば庭専
用のソファーやテーブル、ファーニチャーというんですが、そういったものを置くことで、自
然を感じながら快適に過ごせる空間になると思います。

・例えば外でランチであったりお子様のプールなんかも、直接日差しが当たらない空間だと
安心です。

・夜は閉じて星空を観ながらお酒、なんていうのも楽しいですよね。

・こういったもの以外にも、植木なんていうのも木陰を作ってくれます。木が作る木陰は、建
物だったり人工的に作られた木陰にはない涼しさがあるんですけれども、これは木の蒸散
作用によるものです。特に庭ですと3mとか4mとかちょっと高い木が一本あるだけで、その
木が作ってくれる木陰というのはとても気持ちのいい特別な空間になると思うんですけれど
も、木が高ければ高いほど、木の根元から大体1mから2mあたりというのが、枝が少なくて
すっきりとした空間になりますので、より木の下で過ごしやすくなります。

・実際に当社の展示場のほうでもご体験いただけますので、体験したいという方はぜひぜひ
お越しください。

 

★今日のハッピーポイント :エクステリアをうまく活用して、美容にも体にも心にもやさしい
庭生活を送りましょう!

 

 

 

◆アロウズガーデンデザイン  中澤さおりさん


2018年7月25日09時53分