FM長野

・天然の木を使ってデッキとかフェンスとかを作られる方も多いと思いますが、今かなり
人工木いわゆる樹脂なんですが、かなり程度がいいものが出てきているのでおすす
めです。今新築されている方も多いと思いますが、庭周りはなにをしたらいいかわか
らないというお客様がけっこう多くて、そういった場合には前のお家との目隠しや、リ
ビングから庭に出るようにつなげるためのデッキなどに使うことをおすすめしています。

・天然木ももちろん木の風合いがあって好まれる方も多いですし、今やっている方も多
いんですが、やっぱり天然木はメンテナンス、塗料を塗ったり防腐剤を塗ったりといっ
た作業が大変なので、人口木に変えたいというお客様が増えています。

・人口木は一度付けてしまえばほぼメンテナンスフリーで大丈夫ですのでご好評いた
だいています。

・ローコストで効果がすぐに出るものとして、家周りの草の対策があります。防草シート
と呼ばれるもです。新築でもリフォームの方でもそうなんですが、大体庭周りや駐車
場、アプローチ、門柱といったところに目がいってしまいますが、やはり生活する上で
忙しい方が多いので、見落としがちな家の裏といったところの草取りをしなくて済む
防草シート、そしてその上に砂利を敷くと雨が基礎のほうにとんだりするのも防ぐこと
ができますし、草取りもほぼなくなりますのでおすすめです。長い時間をかけること
ができる方でしたらご自分でもできますのでご検討ください。

・どのくらいもつかは状況にもよりますが、家周りはけっこう日陰が多いですし、その上
にさらに砂利を敷いて直射日光を防げるので、10年や20年といったかなりの期間
もちます。費用的にはわかりやすくご説明しますと、畳一畳分で2千円からといった
具合です。

 

 

 

 

◆信濃ハウジング フィールドプラン  胡桃沢拓也さん


2017年8月14日17時22分