FM長野

・暑さには、体感する暑さと日差しになどよる視覚的な暑さがあります。お家は、外からの
熱が一番伝わりやすくいので、サッシなどが熱くなるケースがあります。サッシの前にオ
ーニングを付けてみたりだとか、ちょとした日除けを付けることによって日差しを遮ってあ
げてください。また、木を植えたりすることによって日差しを遮ってあげれば暑さ対策に
もなりますし、視覚的にも今まで強い日差しがあったところが少し陰ることによって見た目
にも涼しくなります。こうした日除けを付けることによって視線を遮ることもできるので、窓
やカーテンを開けて涼しい風を取り入れることができます。

・この季節、昼間に草取りをしたりすると熱中症の心配も出てきます。かといって朝早くと
か夕方日が暮れて涼しくなってからやろうと思ってもなかなかできるものではありません。
ですのでこの時期はあえて無理をしないで、除草剤などを使ってみるのもいいのでは
ないでしょうか。

・除草剤には大きく分けてつぶつぶの顆粒のタイプと液体のタイプの2種類があります。
顆粒のタイプは、草の根っこから枯らしていきます。液体のタイプは葉っぱから枯らして
いきます。顆粒タイプのほうが効果が長くて強力ですが、枯らそうと思った草の近くに植
木とかがあったりすると、それも枯らしてしまう心配があります。液体タイプは、枯らした
い草に合わせて薄めて使うものが多いので噴霧器が必要になる場合があります。また
除草剤は薬品ですので、小さなお子様ですとかペットに影響が合ったりもしますので、
容量・用法を守って使ってください。

・ただでさえ暑くて体力の消耗が激しいので、この時期は楽できるところは楽をしてもい
いのではないでしょうか?

 

 

 

◆エクスランド四季 近藤慎一さん

 


2017年8月07日18時22分