FM長野

・みなさんがお家を計画する時に特に気にかけているのは間取りとか、キッチンやお風呂はどこの
メーカーのこういうのしようとか、壁紙のクロスはどんなのにしようかといったことをいろいろお悩み
になるかと思います。

・一生に一度のマイホームと言われるぐらいですので、後々後悔しないように住宅会社のみなさん
と打ち合わせをしてお家を建てるプランができあがってくると思います。

・そこでちょっと見おとしがちなのが、家の配置です。敷地のどこに建物をもってくるかということに
なります。よくお客様が図面を持って打ち合わせにみえるのですが、見る限り注射するスペース
が狭かったり困難だったり、車は停められるけどカーポートがちょっと加工をしないと建てられな
いとか、物置を置く場所がないといったケースが少なくありません。

・このようにならないためにも、お家を計画する時に、乗っている車の大きさですとか、どうやって
停めたらいいのか、物置は必要なのか、どんなものを中に入れるのかというようなことを、いろい
ろ計画を立てていただければと思います。

・あともうひとつお話したいのが、今住んでいる場所ですとか、これから建築をするとか、土地を
買おうという場所がどんなところかということを知ることが必要ということです。

・地区計画区域というものがありまして、大きな造成をした住宅地などにあることが多いのです
が、その地域で外構工事をする際は必ず役場への届出が必要になります。例えばカーポー
トは道路の境界から何センチ離しなさいとか、フェンスや塀の高さにも制限がありますし、奇
抜な色を選んではいけませんといった色の規制や、建築基準法に基づく建蔽率なども絡ん
できます。

・ですので、どんな規制があるのか、ご希望の建物が建てられるのかということを、住宅会社
の人や専門業者に訊いてみてください。

 

◆エクスランド四季 近藤慎一さん


2017年4月07日19時32分