FM長野

今日は信濃ハウジング フィールドプランの宮澤圭さんに、「お家を建てる前に考えたい新築外溝」をテ
ーマにお話をうかがいました。

・新築外溝の時にエクステリアのプランを検討していただくと、お金であったり、お家を建てたあとに外溝
をやるよりもここをこうしておけばよかったとかいった困りごとが減るというメリットがあります。

・土地が狭い時などがそうなんですが、まずお家の位置を決められると思います。それから実際に建て
て、これから外溝を考えましょうとなった時に、実はお家の裏側にフェンスやブロックを建てたかったと
いうような場合、重機が入れないという問題があります。

・重機だと簡単に掘ることができるのですが、その作業を人がやらなければならなくなってしまうとかな
りコストがかかってしまいます。

・外溝業者でないとなかなか土地全体をみたプランとうのは立てづらい部分もありますので、お家の
間取りを決めていただいたあたりからご相談いただくのがいいかと思います。

・やっぱり同時に進行していくと、ハウスメーカーさんが決めた壁の色に合わせてエクステリアを検討
できたりしますので、イメージはつきやすいと思います。

・よく聞くのが、お庭の排水の関係です。お家周りは大丈夫なのですが、実際に建ててみてこれから
エクステリアをやりましょうとなった時に、庭が水はけが悪くぐちゃぐちゃしているといったケースがあ
ります。ですので、事前に地面の高さや水をどのように流すのかといったことをよく考えていただき
たいと思います。

・タイミングがずれてしまいますと、地盤調査のやり直しなどにもつながりますので、無駄なお金をか
けることなく進めるためには、事前に外溝業者にご相談いただいたほうがよろしいかと思います。

 

 

◆信濃ハウジング フィールドプラン

 


2017年3月03日15時10分