FM長野

今回は、須坂市にあるエクスランド四季の小林明文さんに、『この時期ならではのメンテナンス』をテーマにお話を伺いました。

・この時期のメンテナンスで一番気になるのがカーポートかと思います。数年前の大雪では積雪で倒れたという話もありますので、補助のサポートをお持ちの方は、雪が降る前に設置していただきたいと思います。ない方は、大概のメーカーがメーカーオプションとして出していますので、すぐにでも手配していただくのがいいかと思います。

・雪が積もったり凍結すると、塩カルを撒く方が多いかと思いますが、コンクリートのブロックなどのコンクリート製品には塩カルは使わないでいただきたいです。アルカリ性のものに塩カルを撒きますと、中和が起きてしまったり表面を傷めたりします。ですので、コンクリートの場合はきれいに雪をかいていただくのが一番です。

・ブロックの塀とか門柱などはどうしても頭の上に雪が積もります。その積もった雪はぜひそのままにせず落としてください。積もった雪が徐々に解けると、常に水の中にあるような状態になり、だんだん染み込んでいってしまいます。染み込んだ水は凍ると膨張してしまい、割れたりすることがあります。表面に防水剤などを塗る方法もあります。

・雪かきをしますと、フェンスとか塀に雪を寄せ付ける方が多いですが、その雪が解ける時にかなりの重みになって、フェンスにぶらさがる形になって変形してしまったりする可能性もありますので、そういうところには寄せ付けないでください。

・落ち葉に病気になった葉っぱがあったりして、それが長い間放置されていると、次に出てくる葉っぱにも影響を与えることになりますので、そうした場合はきれいに掃き掃除をして焼却したり可燃ごみとして出したりしてください。

・落葉樹は葉っぱが落ちて、常緑樹は年中青いと思われている方が多いですが、一度出た葉っぱが何年もそこにくっついているわけではなく、常緑樹も一斉には落とさない代わりに年中パラパラと落としているのです。

・キンモクセイやさざんか、ツバキなどは、北風の冷たい風を嫌います。北側など風が通り抜けるところに植わっている場合は、寒冷紗と呼ばれる防風対策になる布のようなものをかけていただくのがいいです。完全にビニールで覆ってしまうと窒息してしまうのでご注意ください。

・なんともない葉っぱはできるだけたくさん集めていただいて、花壇や隅っこなどで腐葉土と呼ばれる堆肥にしていただくのがいいかと思います。非常に栄養価の高い天然のしっかりした肥料になります。

・鳥インフルエンザが流行っていますが、石灰で土を消毒したり、酸性に傾いているのを中和したりという作業もこの時期におこなってください。

 

 

◆エクスランド四季


2016年12月09日20時01分