FM長野

今日は信濃ハウジング フィールドプランの小井戸たかひろさんに、「イメージとゾーニング」をテーマにお話をうかがいました。

・外溝工事をするにあたってはご自分のイメージを明確にしていただいて、色とかデザインとか、たくさんある施工例なども参考にしていただくとよろしいかと思います。

・家の景観や外観なども重要になってきますので、そういったイメージを固めていただいて、そこからいよいよゾーニングと言われているものに進んでいきます。

・ゾーニングというのは、いわゆる敷地の中でどこに何を配置するかということです。玄関前のアプローチだったり、駐車場のようなスペースやサービスヤードとかの裏庭につながる導線はどうか、車を停めるにあたってスペースは十分に確保できるかといったことを考えてデザインしていきます。

・住宅の窓の位置なども室内からの景観でここは直線のスペースがとりたいだとか、中からも外からも、さらに道路からの見え方なども住宅を建てる時にトータルに考えていただいたほうがいいかと思います。

・デザインとしては全体的なところを考えておいて、ご予算に合わせてできるところだけやっていくことも可能ですが、単品だけで考えてしまうと後々困ることになりますので、今年はこのデザインの中でカーポートだけ工事をするというように、全体的なデザインは事前に計画しておいてください。

・カーポートを先に建ててしまって、奥の庭に続くスペースに屋根をあとからつけようとして重機が入りづらかったりしたケースもあります。

 

 

◆信濃ハウジング フィールドプラン


2016年11月24日16時43分