FM長野

今回は、須坂市にあるエクスランド四季の近藤慎一さんに、今回はこれからお家を造られる方に向けて『外構計画の進め方』についてお話を伺いました。

・お客様と相談をさせていただくと、外溝工事をしたいけれどもなにをどうすればいいかわからないとか、あれもやりたいこれもやりたい、でも予算に限りがあるから困っているといった声をよく聞きます。そんな時は、お客様の一番やりたいことはなんですかと訊くようにしています。

・駐車場とか玄関周りが舗装がしてなくて雨が降るとぬかるんでしまうので舗装がしたいとか、雑草や防犯対策、安全対策だとか、こだわりや趣味、予算などいろいろな要素がありますが、優先順位はお客様によって違ってくるかと思います。

・いつもお話しているのが、妥協できるところは妥協してでも、多少予算がかかってしまったとしても、一番やりたいというところはやったほうがいいということです。

・優先順位を決める場合、例えば年に何回使うかわからないお客様用の駐車スペースのコンクリートの舗装などをやめていただくなどして、本当にやりたかったのに予算の都合で迷っていたようなアプローチの整備などを行っていただくなど、使用頻度は大きな目安になります。

・玄関周りを天然の石張りにする工事をしていただいたケースでは、より一層お家がグレードアップできてよかったというような声をよく聞きます。

・お家を作った直後は、外溝などに手が加えられていないケースが多いので、あとから工事をするケースが多いです。

・まずは専門家にご相談ください。

 

 

◆エクスランド四季


2016年8月26日21時02分