FM長野

お家でも家の中とか建物の中だとデザイン性の良い照明器具だったりですとか、照らし
方がちょっとお洒落な間接照明とか、そういうのもエクステリアでも全然組み込んでいけ
る部分でもありますので。まず照明なんですけども、LEDが普及したりですとか、あとそ
の関係で電圧が低いもの、ローボルトの照明器具とかっていうのも普及してきたりで、工
事金額的なところとかも結構お求めやすくなってきているのかなっていうのもありますし。
LEDも長寿命ですので、でまぁ電圧も低いので、使用する電気料も低くなってますので。

古いお家とかで外に電源を確保しにくい、外コンセントが付いてないとかっていうお宅
でも、小型のソーラーパネルを設置して、そこから電源を供給して通常の照明器具を設
置したりとか、そういうシステムを作る事も出来ます。災害時にソーラーパネルから電源
を供給して携帯電話を充電したりとかっていうのもあったりしますのでね。

基本はお洒落さというか、ワンランク上のエクステリアに仕上げていくっていうような意味
合いが強いんですけれども。エクステリアっていうと、やっぱり外に樹木や緑があります
ので、その辺を照らすっていうのがエクステリアならではかなという所で。例えば樹木を
下からアップライトみたいなもので照らしてあげると、周りから見ても見栄えしますので。
紅葉の時季なんかもね、綺麗に色づいた樹木を照らすっていうのもね、すごく趣があり
ますし。

長野県、ちょっと街灯の少ない地域なんかもあったりするので、夜帰宅した時なんかに
周りが明るかったり、階段の部分とか暗くて見えづらくなってたりみたいな所に一個ポー
ルライトを置いてもらって、とか。そういう安心安全的な面でも良いかなと思いますね。
センサー付きの照明とかもありますので、人が通ったら光るとか。そういうセンサーライト
をですね、カーポート、車上荒らしじゃないですけども、イタズラされたりなんかっていう
のの防止にもセンサーライト付けて頂くっていうのも良いと思いますし、カーポートなん
かで言うと、普段お家に帰って来て車入れた時とかにそのセンサーが反応して、車から
荷物を降ろすタイミングがちょうど明るいとかっていうのも使い勝手としては良いかなと
思いますね。

やっぱりどうしても電源コードとか配線があったりもしますので、これからお庭を作る、
お家建てられてまだ外構を何もしてないよっていう方でもですね、後々照明を付けた
いってなる事があるのかもしれませんので、最初は木を一本照らすだけのアップライト
一本だけっていう事でも、一応最初の配線の準備ですね、コンクリートの中に配線を
入れるための保護管みたいなものを先に入れておくとかっていうのも良いかなと思い
ます。

 

 

◆アイザックデザイン メリーガーデン  征矢野涼さん


2018年9月18日19時06分

今日は、お客様からよく相談を受けるご近所トラブルについて、いくつか話をしてみよう
かなと思います。

一つ目はですね、新築で家を建ててまして、まだ引越しされる前の状態だったんですけ
ども、裏の家の植木がもう敷地の境界を大きく飛び越えて伸び放題伸びちゃってる、と。
でまぁ、新しく越してくるんで、ずっと暮らすので、なかなかお隣さんに木を切って欲しい
って言いにくいと。どうしましょうか、なんて相談を受けまして。その時は他の工事もあった
ので、工事のご挨拶に伺った時に私の方から上手い事お話をして、木を切らせて頂いた
っていう事がありました。

二つ目はですね、お隣さんのお子さんが、平気な顔して庭に入ってきて遊んでいる、と。
で、そのお宅はですね、境界がしっかりしていなかったので、そこにちょっとしたフェンス
を付けてあげて、簡単には乗り越えて来れないような工事をさせて頂きました。

 

三つ目はですね、隣のお家の敷地が一段高い敷地になってまして、雨が降ると雨水とか
泥水がアプローチに流れ込んできちゃう。で、どうにかして欲しいんだけどっていうような
話で、これ工事するにはお隣さんにお話しなきゃいけないので、お隣さんに色々と事情を
お話して雨水の流れを変える工事のほうをさせてもらいました。

 

四つ目は、我が家のお話です。コンクリートの土留めが元々あったんですけどもね、車に
当て逃げされまして、壊されてしまったと。元々道幅が狭い所に土留めがあったんで、そ
れでも後退させて作ってあったんですけど、色んな車が入ってくるんで、ぶつけてそのま
ま行っちゃった。という事で、今度はさらに後退させて、道幅広くしてあげて、ぶつけられ
ても簡単には壊れない丈夫な土留めを作り変えたっていう。

 

他にも色々あります。他だと、隣のお家の屋根から雪がどんどん落ちて来ちゃうとか。あ
とね、風に乗ってゴミとか枯葉が舞い込んできちゃうとか。あと、お隣さんからの視線が気
になって仕方ないとか。

 

今私がお話したのはいずれも困り事の相談なんですけども、ちょっと言い方変えれば、
逆の立場になってることもあると思うんですよ。人に迷惑を掛けられてるって事は結構敏
感になってますけど、気づかずに迷惑を掛けちゃってたなんて事もあると思うんですよね。
一生暮らしていく場所なんで、些細な事なんですけどもね、そんな事がトラブルになって
暮らし辛くなっていく事は避けたほうが良いのかなっていう風に思います。

 

★今日のハッピーポイント:自分の家から見えるお庭は綺麗でも、お隣の家から見られて
るお庭は困り事の原因かもしれません。今一度違った角度からお庭を見ることが重要で
す。

 

 

 

 

◆エクスランド四季  近藤慎一さん


2018年8月31日18時04分

最近、家庭菜園をやりたいという方の相談が増えていまして、そうなると、どの位の大きさ
でとか、どの位の量を作ったりとか、どういう作物を作ったりっていうことで相談しながら決
めていったりします。特に日当たりだとかそういったものも言われるんですけど、大抵はこ
れからもう太陽が上に行っちゃうので、大体当たる所にはなるんですが、それでも日陰に
なってしまう場所でも、日陰を好むものもありますので、諦めずにそういったもので家庭菜
園を楽しむことは可能です。

 

一番は、土なんです。元々畑だっていう場所でも、家を作る過程でちょっと石が入っちゃ
ったり、建設残土で埋められちゃったりっていうところが多いので、やっぱり土をもっと石
が出なかったり、ふかふかとした良い土にした方が良いので、それを変えるとなると残土
の撤去費用と処分費用、そしてさらにまた畑の土を入れる費用という事で、お客様のイメ
ージよりもちょっとお高くなることが多いです。土のふかふかとした厚さとかも重要ですの
で、そういう所も確保したいところです。もし、もう建設残土とかが入っていて交換するとい
った場合は、交換しても良いですし、仕切りのようなブロックなどを積むと、そのブロックで
20cm位の厚さが確保出来ますので、一段高くしてから土を埋めることも出来ます。

 

家庭菜園はやっぱり汚れたりするので、立水栓が近くにあると非常に便利です。また水や
りも完工するとやらなきゃいけないので。さらには道具も色々ありますので、それを片付け
られる倉庫みたいな所があったりすると楽です。あとガーデンシンクなんかがあると、そこ
で野菜を洗ったり出来たりもしますし、そこに道具を収めることも出来ますし、デザイン性に
もタイルなどは優れていますので、一気におしゃれ度がアップするかもしれません。

水道代が気になるという方には、雨樋から雨水を貯める雨水タンクみたいなのも簡単に設
置出来るようになっていますので、そういうのを設置するのもオススメです。

 

プランターでも充分楽しめる大きいものも出てきてますし、デザイン性の高い鉢やプランタ
ーもありますので、テラスとかデッキにそういうのを置いてやると、それもインテリアとしても
結構おしゃれになります。ベランダなどでやってる方は、雨樋とかが土が流れて詰まっちゃ
うという可能性もあるので、そういうのも気にしながらやられた方が良いと思います。

 

★今日のハッピーポイント:「植物は根から。人は心から」ということを聞いたことがあります
が、やっぱり良い土が健全な根を生むように、良い環境づくりで人が豊かな心になりま
。ぜひ「エクステリアで良い環境づくりを!」。

 

 

 

 

◆佐藤園芸  佐藤寛さん


2018年8月10日18時59分

木があると、例えば四季を感じられるだとか、あとは癒されそうとか、家の見た目が良い
なんていうのもそうなんですけれども、結構マイナスのイメージを持ってご来店される方
も多くて、手入れが大変そうとか、虫が来そうとか、落ち葉の掃除が大変そうとか。そうい
った方は、結構駐車スペースも庭も全てコンクリート舗装にしたいという方も多いんです。
折角の庭付きの一軒家で、全てコンクリート舗装というのも味気ないですし、やっぱりコン
クリートは照り返しがきつかったりもするので、夏場は家の中まで暑くなってしまうって事
だったりとか、逆に冬場は土や砂利よりコンクリートの方が雪が溶けにくいので、全面コン
クリートにすると雪がいつまでも溶けずに残ってしまうなんていう事にもなってしまうんで
す。

どうしてもちょっとのっぺりとしたイメージになってしまうので、ただそこに一本でも木があ
ると、視線は上にも広がって、同じ敷地でも高さという空間が生まれて広く感じる事が出
来るんです。目線も上に行くので、より空間を広く感じる事が出来ると思います。

手が掛かると思ってる方も多いんですけども、最近お庭に植えさせて頂く木というのは、
成長がゆっくりで元々自然樹形が綺麗に育つ木がほとんどなんです。なので剪定などの
必要もほとんどないので、植えた年にだけしっかり水やりをして頂いてちゃんと根付けば、
次の年からは雨だけでもしっかり育ってくれるような木がほとんどなので、そんなに手も掛
からないんです。アロウズガーデンでよく植えさせて頂くのは、例えばアオダモという木で
あったり、あとアオハダ、ライラック、実が付くものとかだとジューンベリーなんていうのもオ
ススメです。やっぱり新芽が春に出て、花が咲いて、秋に紅葉や実を付けてくれるもの。
様々な木があるので、家族で花を楽しんだり、夏には木陰でお庭に出て休んだり、実った
果実でジャム作りなんていうのも楽しいんじゃないかと思います。

 

強風から和らげてくれたり、窓の近くに植栽する事で視線をカットしてくれたり、あとは夏の
強力な紫外線もカットしてくれたり。そして蒸散効果で木の周りの温度が下がって、涼しく
快適に過ごせるなんていう効果もあります。自然の、クーラーじゃない涼しさなので、健康
的に夏も過ごせるんじゃないかなと思うんです。今年の夏の猛暑でも、木の効果で少しで
も涼しい夏をお過ごし頂けたらと思います。

 

★今日のハッピーポイント:木のある生活は、心も身体も豊かにしてくれます。どんな木な
ら負担にならずマイホームを彩ってくれるのか、是非一度プロにご相談下さい。

 

 

 

◆アロウズガーデンデザイン  中澤さおりさん


2018年8月07日19時05分

色としての緑色の効果。樹木としての緑の効果っていうと、奥行きとか日差しのコントロ
ールとかがあるんですけれども、緑色としての効果っていうのは、安心感とか、安定とか。
で、木というのは茶色もあるじゃないですか。そうすると、そこにも安定・ぬくもりとか、そ
ういった意味合いもあるんですよね。

二つ目は、庭木の効果ですね。風が吹くと葉っぱが擦れ合ってサワサワっていう音なん
かするとね、また涼しげに感じますしね。

今人気があるのはですね、ヤマボウシとか、ソヨゴとかなんですけれどもね。恐らく皆さん
インターネットとかで調べて、シンボルツリーは何が良いんだろうって考えると思うんです
よね。でもなかなか決めかねると思うんですよ。そこで違った観点からお話させてもらうと、
例えば花言葉。例えばヤマボウシだと“友情”っていう花言葉があるんですけれども、何
か素敵だと思いますよね。ただソヨゴだと“先見の明”、先行き明るいよとか。色々あるん
で、もし植木を選ぶのにちょっと困られたら、そういった観点からも探してみるのも手かな
とは思います。(ヤマボウシは)葉っぱが散っても樹形が綺麗なんですよね。骨格から綺
麗なんですね。

エクステリア製品との組み合わせで、フェンスを背景にして前面に植えてもらったりとか。
フェンスの向こう側に植えることによって、立体感を出したりとか。そんなものも色々と組
み合わせで色々楽しめると思いますね。

最初の庭を作りたいと思った段階で、どんな雰囲気にしたいかっていうのをイメージを持
ってもらうのが大事かなと思います。緑が多くなるとナチュラルなものになって、外構って
灰色とか黒とかねコンクリートの色とかそういうのが多いと、上品とか高級感っていうのが
より際立つんですよ。そのバランスで考えてもらえば良いかなって思いますね。

 

★今日のハッピーポイント:緑を効果的に使って、安らぎ、リラックス出来るマイホームを。

 

 

 

◆佐藤園芸  高橋一馬さん


2018年8月06日19時18分
1 / 2912345...1020...最後 »